無理だってば

やっぱりウパって狭い所に入るのが好きなのかな?
みなさんのウパ達はどうですか?(^o^;)
家のウパくん、ジャンボだから無理なのに
よくココに入り込んで通り抜けようとしています。
ウパくん♪
小さいころは簡単に通り抜けられたのですが
今ではちょっと…いや、かなりキツイです(^_^;)
それでも、お腹が潰れるぞ!ってくらい大いに無理をして
脇から通り抜けることもあるのですが
大概は上にも横にも行けず、後ずさりして下に降りてきて
脱出をしております(笑)

最初の頃は、挟まったまま抜けられなくなって
弱ってしまったまずいと、私が自宅に居るときなら
フィルターのパイプをズラして救出していたのですが
私が仕事で不在のときはどうしょうもないので
一度放っておいて様子見していました。
そしたら、まぁ自分なりに工夫をこらして
ちゃんと出てくるんですよね(笑)
なので、それ以来は挟まっていても放っております(^o^;)
後ずさりして降りてくる所なんて、めちゃ可愛いです♪

それでも、万が一無理して通り抜けようとした時に
怪我でもしたら困るので、(血管のこともあるし)
マットでも入れて隙間を埋めよるなど対策を思案中です。

この場所には、ルパくんもよく入り込んで挟まっていました。
やっぱり出られなくなって下に降りてくるのですが(笑)

台風7号接近

現在、関東地方に台風が接近しています。
家の方は、日中はすごい雨と風でしたが
仕事から帰宅するころは落ち着いていました。

夕方から酷くなるという予報だったので
念のため、歩きで出勤したのですが
これならチャリで行けば良かった~って感じでした(^o^;)

それでも、これからまた暴風&強雨が予想されるらしいので
いちおう、警戒しておこうと思います!

家の前の川、数年前に氾濫してこの辺一体が
水没したんですよねぇ…そうならない事を祈ります(^_^;)

大きくなったね(のり編)

お待たせしました!
大きくなったね【のり編】でございます(笑)

今日は餌の日。
キャット5粒+コリタブ1粒+クリル3分の1匹では
不満げなのりちゃんでしたが、我慢です!(^o^;)
で、今日ののりちゃんはこんな感じです♪
のりちゃん♪
比較対照があったほうが分りやすいので
以前、のりちゃんの隠れ家として使っていたタコ壺を
入れたショットを撮ってみました(笑)
今では、このタコ壺は通り抜けることはできないでしょう。
片方の入り口はまずまず通れるかもしれませんが
片方の入り口?出口?は小さいので無理です(^_^;)

そして、我が家にやってきた日ののりちゃんです♪
のりちゃん♪
まだまだタコ壺が大きく見えるほどチビ助でした(笑)
しかも、ゴールデンらしく体色も濃い黄色でした。
今では大きくなって皮膚が伸びたせいか薄い黄色です。
ちょこまかとよく動いて可愛かったなぁ~(*^^*)

それから、手乗りのりちゃんです♪
のりちゃん♪
すっぽりと手のひらにおさまっていたのりちゃんも
今では手に乗るには大きすぎるでしょう(笑)

これは、初めてタコ壺インした時の画像かな。
のりちゃん♪
家に来たときに比べると、一ヶ月くらいしか経過していないのに
かなり大きくなっています。ほんと、成長早いんだよね。
この時既に、シッポは壺の外に出ていたような…。
この子は、雷が鳴っているとき以外は滅多に土管には入らない子でした(^o^;)
現在、隠れ家は入っていないので、雷が鳴るとピキーンと固まっています(笑)
雷の音って水中に居ても聞こえるものなのだろうか?
それとも、人間には分らないものを感じているのか…。

これからも元気に長生きしてちょうだいな(*^^*)

新コンテンツ追加

ウーパールーパーのコンテンツの中に、
診療部屋】を新たに追加致しました。

ウーパールーパーの怪我や病気とその治療法についてまとめたカルテです。
(診察記録カードのようなものなので、カルテと呼ばせて頂きますって違う?/汗)
まだ作成中のカルテもございますがご了承下さいませ。

我が家のウパ達のケースについてまとめてありますが
皆様のウパちゃん達の怪我や病気とその治療法についても
募集させて頂きますので、何かありましたら【メール】にて
詳細をお知らせ頂ければ、こちらに載せて頂きたいと思っております。

少しでも、病気や怪我で苦しんでいるウパ達の
お役に立てれば幸いなので 皆様からのご報告をお待ちしております。
ぜひともご協力よろしくお願い致しますm(__)m

尚、現在アップしてありますカルテは、
ルパくんの怪我の時のものです。
最後に撮ったルパくんの画像も、ここにきてやっと見ることができ
カルテ内にアップ致しましたので見てあげて下さいませ。
真っ白で少し痛々しいかもしれませんが…( p_q)

肥満度

貴方のウパの肥満度はどうですか?

なかなか良い肥満度チェック方法?を聞きました。
体長、体格などの個体差によって目安にならない場合もありますが
(もしかして、バランス的にやたら顔のデカい子だったりなど(^_^;))
まず、真上からウパを見て、お顔の幅とお腹の幅を比べてみて
同じくらいなら標準体型で理想的。お顔よりお腹の方が太ければ肥満気味。
細ければ痩せ気味って感じになるそうです。
なるほど、これなら分りやすくてよいチェック方法だと思いました。
見た感じ、お顔とお腹が同じくらいだと、プロポーション的にも
すっごくバランスがよくて綺麗だと思います(笑)

今日は、のりちゃんの肥満度チェック♪
のりたま♪
どうでしょう?
ほぼ顔とお腹が同じくらいの幅で良い感じですよね?(^o^;)
まぁ、勝手にこれで調度良いと思っているところもありますが。
みなさんも参考までにチェックして見てください(笑)

ごまちゃんは、気持ち細めで、ウパくんはちょっと太めです。
画像は、後ほど撮影しましたらアップします(^_^;)

負けず嫌い

餌をくれ!と、ごまちゃんがこっちに熱い視線を向けていたけど
今日は餌の日じゃないから、しらんぷりでテレビに見入る私。
そんな私の視線の先に目をとめたごまちゃん。

テレビ画面に映っているのは、只今人気絶好調?の「彼」。
可愛いぃ~~と、黄色い声を上げて喜んでいた私。
何やら行動を始めたごまちゃんを見てみると…

レッサーごまちゃん♪

どうやら、私の興味をひこうとしたらしい。
お前も2足立ちして風太くんに対抗したわけか!
この可愛い奴めぇ~!!!と、ごまちゃんに黄色い声をあげていたら
何やら行動を始めたウパくん…

レッサーウパくん♪

おっとお前もかい!?
どいつもこいつも負けず嫌いだねぇ~ヽ(´・`)ノ フッ…(笑)
でも、可愛いぜ~ウパくん!!!と、ウパくんに黄色い声をあげてから
期待に胸膨らませてのりちゃんの反応を見たら…

レッサーのりちゃん♪

これまたお前もかい!?
でもちょっと風太くんの変形ヴァージョンだね?
っていか、随分と器用に足を引っかけているねぇ。
いつも思うけど、ウパって関節がめちゃくちゃ柔らかそう(笑)

ってことで、今日は我が家のウパ達が
みんな揃って風太くんの真似っこをしていました!

エラの血管?

エラから血管が出ているウパって
そんなに珍しいものではないのかも?と思えるくらい
家のウパくんと同じように血管が出ているウパちゃんが
複数いるようです。
調べたところ、現時点ではその血管を傷付けない限り
何か問題があるということは無さそうです。

これ↓が、ウパくんのエラから出ている血管の状態です。
エラの血管
この画像をクリニックの先生に見て頂いたところ
かなり太いので怖いとの事でした。
要するに、この血管を傷付けてしまったら
ルパくんのように出血多量により命を落とす確率が
高いって事なんでしょうねぇ…(-o-;

先生の推測では、水質が関係しているとの事でしたが
ここまで太い血管の場合は、換水くらいでは
なかなか小さくならないかも…との事。

水質が関係しているなら、何がどうに作用して
何で血管が出てくるのか先生に聞いてみたところ…


鰓の血管についてですが、これも僕の勝手な推測ですが。。。
形態と機能から推測するに、水質の悪化(この子達にとっての悪化)によって
一番ダメージを受けやすいのが、体表、しかも体表面積が大きくいっぱいある
鰓だと思います。鰓の細胞自身がダメージを受けて、ふさふさの数が少なくなる。
これが形態。で、機能は、要は鰓は、水中の酸素を取り込むための器官ですから、
その必要性が、水温変化などによる溶存酸素量などの増加で無くなってきて、
ふさふさの数がこれまた少なくなる。これらの理由でふさふさが少なくなる。
で、今度は、ふさふさが、水質の改善や水温の変化によって再生しようとしたときに
過剰に反応してしまって、通常よりも大きな血管ができてしまう。
一生懸命、失われたものを元に戻そうとしたり、補おうとして過剰反応を示す。
人でも、様々な場合にありますよね?例えば、アレルギーも過剰に反応すれば
アナフィラキシーショックとなって死んでしまうこともあるし
(蜂などにさされて死ぬ例など)、
物書きのし過ぎでもペンダコってできますよね。
これも、皮膚が過剰に形成された結果ですよね。
おそらく、水換えをちゃんとして、水温を20度ぐらいで、周年キープできれば
鰓についての問題(病気・トラブルなど)はグッと減るのではないかと思います。


との事でした。
う~ん、しかしながらウパくんは周年エラはフサフサで
乏しくなった事がなく、過剰反応したって事はなさそうなんだけど。
でも、どこかで過剰反応していたのか!?
原因が断定できないので対処のしようがない!>_<
もう手術以外に血管を小さくする方法は無いのかな?

それから…
溶存酸素量の増加で、フサフサの数が減り少なくなるって説。
これは私も以前から思っていた事です。
酸素が豊富にあれば、外鰓は小さくても
充分に酸素補給できそうだから、
むしろ溶存酸素量が少なめの方が、たくさん空気を取り込もうとして
エラはどんどん立派になるのではないか?と。
しかしながら、エアレーションを多めにしてあげると
エラがフサフサになるって説もあるし(笑)
ただ、極端に溶存酸素量が少ないと、今度は肺呼吸に頼るようになり
エラはどんどん後退してしまいそうなので
微妙な加減なんでしょうねぇ。難しいけど(^_^;)

このエラの血管の出没原因が、水質改善や
酸素を取り込もうとするための過剰反応だとしたら
常に水質を正常に保ち(数値に拘らずウパから見た正常な状態)
溶存酸素量を程よく保つようにすれば出てこないって事になりますよね?
(溶存酸素量はふんだんにあった方が良いって事ですよね?)
それにしても、数値的には異常がなくてもウパから見て
悪化している状態って…一体…。
ウパ達自身が、何をどうして欲しいって
言葉で言ってくれると助かるのに~(^o^;)
まぁ、そんな非現実的な事を言っても何の解決にはならんが(泣)

う~ん、このエラの血管について、
自分なりの推測をお持ちの方がおりましたら
ぜひとも掲示板や、プログのコメント欄にて発表してくださいませ!
一つの推測で考えるより、色々な推測を集めて考えた方が
真実に近づける可能性が高いかもしれないのでm(__)m

ちなみに、今はバケツ(12リットル)一杯分の
換水を毎日行っています。(ウパ達の水槽3本を全て)
血管を小さくするためってより、これ以上血管が太くなったり
増えたりしないようにするため。

ジョイフル本田

今日はジョイフル本田へ行って来ました♪
私は特に用事はなかったんですが、
健茶王が安くなっているから連れて行けと
母親に頼まれたので。
ちょうど妹が車を置いて出掛けていたので
その車を拝借して行って参りました(笑)

さてさて、今日のジョイフル本田で売られていたウパ達ですが、
飼育環境はまずまずでした。
プラケに一匹ずつ入れられて10匹ほどいました。
リューシとアルビノホワイト、ゴールデンの3種類。
ジョイフルウパ
ジョイフルウパ
私の携帯の低機能のカメラで撮ったので
写りは悪いのですが、↑こんな感じです^^
み~んな、5cm程度のチビ助ばかりでした。
浮いているウパも居なかったし、元気そうだったので
以前よりは飼育環境もだいぶ良くなっていました。
売り場の店員さんの中に、1人でもウパ好きさんがいると
結構ちゃんとした環境の中で売られているものです(^_^;)

できたらリューシを一匹連れてきたかったのですが
これからの猛暑の中、小さい子を育てるのは不安だったので
もう少し待つことにしました(;^_^A アセアセ…

予告

ここ何日か、忙しく動き回っていたので
日記もおざなりになっておりますが、
近日中に【大きくなったね(のり編)】をお届けします(笑)
現在、昔ののりちゃん画像が保存してある
CDRを引っ張り出してきて、使う画像を厳選中♪

小さい頃のルパくんの画像などもいっぱいあって
とっても懐かしく思いました。
お前は手が掛かったけど、本当に可愛かったじぇ~^^

それと、ウパくんの画像も色々と見たのですが
やはり昔はエラに血管なんか出ていなかった。
う~ん、水質が原因なのかなぁ…。
これ以上出てこないように対策を打ちたいけど
原因がいまひとつハッキリしないので困ったものです(切実)

エラの血管?

ルパくんはエラから出ている太い血管を切ってしまい
大量出血して、それが元で亡くなってしまいましたが
その恐ろしい血管が、ウパくんとのりちゃんにもあります>_<

本来であれば、自分の持っている止血因子の作用で
正常に止血されるはずなのですが、
それ以上に損傷した血管が太すぎたりした時に
止血できないことがあるんですよね。
この血管は手術で取り除けるそうですが、
麻酔を使うので、それなりのリスクがあります。
薬浴なんかをしていると太い血管が消えることがあるそうですが
確実に消えるのでなければ、病気でもないのに薬浴したくないし。

ルパくんの事があるから、ウパくんやのりちゃんが
血管を切らないか心配で堪りません。
もしもの時のために、自宅でできる止血方法を
先生に聞いておきました(^_^;)

犬猫用のクイックストップ(粉状です)を
水から引き上げて使用するか、
瞬間接着剤を急いで使用するか、
しばらくの間ぎゅっと抑えるか、など。
焼烙(線香とかでも)もよく使われる手ですが、
如何せん刺激が強すぎるので逆に暴れるので危険との事(^_^;)

「太い血管」を作らせないこと!これに尽きると思います。
では何故血管が出てくるのか??
先生が推測するに、水質に関係するものかもしれないって。
数値的にはまったく問題ないので、それを伝えたのですが

『数値ではわからない部分なのかもしれません。
数字にとらわれずに、「きれいな水」を保つこと。
自然界ではかなり「きれいな水」のところに住んでいるはずです。
かつこの子達の排泄物は、毒性が高いので、
狭い空間であればそのダメージも思いのほか
受けやすいのではないでしょうか。
僕らが見てきれいと思うような水でもこの子達からすれば、
排泄物などの毒素が有るのかもしれません。』

との事でした。
また、糞よりも、尿の毒素のほうが両生類は脅威だそうです。
なので、糞で汚れたと考えるよりも、尿量で考えた方が良いらしい。
けど、どうに尿量を計るのだぁ~ヽ(´・`)ノ フッ…(笑)
ちなみに、アンモニアも検査したけど、ほぼゼロっす。

それにしても、同じ環境にいるごまちゃんは平気だから
原因が何かまったく分りません。
水質が原因ならば、何がどうに作用して血管が出てきてしまうのか
その辺が分れば何を改善したらいいのか見えてくるのに!
と先生に言ったら、また後日教えてくれるそうです。
質問攻めでごめんね、先生(^_^;)

理想の食生活

我が家のウパ達の主治医の先生に
餌の量などについて相談し、その回答を頂けたので
ココに記しておきます。参考になさってくださいませ。
以下、先生からの回答をそのまま引用させて頂きます。


さて先日の「餌の量」についてのお話ですが^_^;
あいまいな返答、重複する返答になるかもしれませんが、
生き物というのは、子供の時期(成長期)がありますよね?
そこから話を始めないといけません。
ウパだけでなく、生き物全体に通じるお話をさせていただきます。
まず、産まれてから体の8割ができあがるまでに急速に成長します。
この間は「正しいお食事」であれば、「食べるだけ」与えても構いません。
「正しいお食事」内容であれば、肥満などにはなりません。
すべて正常に体を大きくすることに使われるはずです。
この「正しいお食事」は後で説明いたします。
回数・量・頻度に関しては、環境や個体によっても変わってきます。
胃の状態・排泄の状況を観察して、その個体の要求の8割を
満たしてあげればよいと思います(ようは腹八分目ですね^_^;)。
大人のときよりも少量を回数多く与えてあげるのが良いです。
体の大きさは、産まれたときにすでに遺伝子によって決められているので、
この時期にいかに大きく丈夫に育てるかが長生きをさせたり
病気にさせないようなコツと思います。
で、8割体が造られると食欲のほうも落ちてきます。
回数・量・頻度も低下させたほうが良いでしょう。
それから、この時期までの食餌の栄養は蛋白質・カルシウムを
大人のウパよりも強化する必要も有るかと思います。
で、体重の変動がほとんど見られなくなったら
「大人」として扱うようにします。
食事も、子どもの時期よりも蛋白質等を抑えてあげて、
回数・量・頻度もおさえてあげるようにします。
野生下と異なり肥満になりやすいので、
「大人」になったら今度はその心配をします(人と同じですね^_^;)。
その回数・量・頻度ですが、環境・その子自身・食事内容によって様々です^_^;
以前お話させて頂いた、「野生個体の体形」を目標!に尽きるかと思います。
あいまいですいませんが、、。
難しいですが「太らない程度」ではなくて「やせない程度」の
ほうが持っている気持ちとして良いのだということです。
それから、「正しいお食事」ですが^_^;
これについても、あいまいで申し訳ないのですが、
うちの病院のHPでも飼育技術の確立されていない子達(例えばトカゲとか)の
飼育方法のページでも書かせていただいているのですが、
「色々なものを!」ということです。
野生下で食べているものをあげられればそれに越したことはないですが、
それに近い内容のものをバラエティにバランスよく与える、
足りない部分を人工フード、ビタミン剤などのサプリメントなどで補ってあげる。
以上、電話でお話させて頂いたほうが良かったかもしれませんね。
ざっと書き下してありますので乱文誤字脱字、お許しくださいね


との事でした。
大人になれば餌の頻度は減らしていくという事に関しては
今までも実行してきたのですが、
果たしてその量が妥当だったかは???です(^_^;)
しかしながら、与えすぎって程の量ではないと思っています。

『成長期にいかに大きく丈夫に育てるかが
長生きをさせたり病気にさせないようなコツ』

なるほど。かなり頷けますよね。
初めて飼育したウパくんは、とにかく手探り状態の中で育て
餌も毎日たっぷり与えていたんです。
そんなウパくんは体も大きく、ヒレや指を欠損しても
直ぐに再生して、驚くほどの回復力。
具合が悪いのかも?なんて思った事もないほど元気です。

しかし、その後餌の与えすぎは良くない事を知り
二番目に買ったルパくんは、成長期でもかなり餌をセーブしました。
だからルパくんは弱い子に育ってしまったかもですね。
体も華奢で、小さくて、ある程度過ぎたら餌を多めにあげても
一向に大きくなりませんでした。再生能力も低かったし。
となると、生まれつき弱かったのではなく、体を造っている大切な時期に
あまり栄養を与えなかった私の責任です。ごめんね、ルパくん。

のりちゃんとごまちゃんを迎入れた時は
購入元のアクアグレース様より、12cm位になるまでの成長期は
週に一度くらい餌のお休み日を設けて、毎日餌をあたえた方が
丈夫に育つというアドバイスを頂いたので、実行しました。
とは言え、それでも餌の与えすぎが怖かったので
ウパくんの時ほどは与えていません。
本当はもっと与えた方が良かったのかなぁ…。
まったく餌の量って難しい。
体重の増加が見られなくなったら大人と見なす。
やはり体重測定も必要ですね。

やっぱり、ここは一つ野生のウパを見たいものです。
現在、野生のウパ画像が見れないか方々を当たっている最中です。
もし見られるようなサイトなどが見つかったらお知らせします。

あとは、TYPE B様経由日本サンショウウオサンター様からの情報で
【とうぶつ奇想天外】のスタッフがメキシコまでウパの取材をしに
行っているとこのとなので、番組内で野生のウパが見れることを
大いに期待したいと思います!!!

現時点では、特に問題もなさそうなので
今まで通りの餌のタイミングと量でいきたいと思います。
TYPE B様からの情報で、餌の量も今まで通りでほぼ問題なさそうだし!

ふぅ…それにしても以前よりも増して
餌の量には神経を使うようなったな(^_^;)

話が飛びますが、
みなさんのウパ達ってどのくらいのタイミングでウンチをします?
餌の量やタイミングにもよると思いますので
餌の量とタイミングとウンチのタイミングをお聞かせ願えると
めちゃめちゃ有り難いです(^o^;)
家のウパ達って長いときは2週間くらいウンチしません。
(気付かないうちに崩れて姿を消している可能性もあるけど)
食べてる量が少ないのか、それとも便秘なのか。

餌について考える

先日、餌の量について争論がありましたが
この度、TYPE B様が水族館や日本サンショウウオセンターなどへ
問い合わせて頂き、色々な情報を入手する事ができました!
知らなかった事実などが明かに!!(笑)
B様、お忙しい中、本当にありがとうございましたo(*^▽^*)o

詳しい内容は、『ウパ掲示板』へ書き込みしてくださいましたので
皆様、ぜひとも今後の飼育のご参考にして下さいませm(__)m
【無題 投稿者:TYPE B 投稿日:2005/07/05(Tue) 23:09 No.3050】
↑このスレッドでございます。
私も、クリニックの先生から伺ったお話を
同スレッドに少し書いておりますので
合わせてご覧になってみて下さいませ。

それにしても、ウパが25年も生きるなんて
チョービックリ&嬉しかった!!!!!
が…、それはあくまでも自然下の話らしい。残念>_<
でも、上手に飼育すれば10年くらいは生きてくれそうなので
もっともっと頑張るぞぉ~(`^´)/

大きくなったね(ウパ編)

シリーズ、【大きくなったね】
今日はウパくん編でございます(笑)

つい先日撮影したウパくん♪
ウパくん♪
まったくこの子ってば、間抜けっぽそうなお顔で
ボケボケしておりますがとっても可愛いんです!
ウパくん!と呼んだら顔だけこっちに向けてくれて
営業スマイルでにんまりと♪(ほんとかよ?)
こんな可愛いウパくんですが(可愛いと思うのは親だけ?)
約32cmほどになりジャンボになりました(笑)
時々、餌のときに手に乗せてみるのですが
ズッシリとものすごく重いです!
そもそも、ほっそり気味だったルパくんでさえ
手に乗せたときにズッシリしてたしなぁ…。

さてさて、こんなウパくんにも当然のことながら
子供の頃があったのです(笑)

ウパくんが我が家の子になった時の画像です。
約2年前の画像ですね。懐かすぃ~o(*^▽^*)o
ウパくん♪
上から見たウパくんと、横から見たウパくんです。
キャットが一粒入っているのですが、
それと比較していただけるとウパくんの小ささが
お分かり頂けることでしょう!
この時、まだキャット1粒を丸飲みできなかったんです。
確か4分の1くらいに割って与えていたんだよなぁ(遠い目)
ちなみに、まだ小さいプラケに入っていますね。
エアもフィルターも入っていません(^_^;)

その数日後のウパくんです。
ウパくん♪
既に我が家での環境にも慣れ、小さいながらも
「えっへん!」と威張っております(^o^;)
そうそう、この画像のウパくんは、
現在ごまちゃんの病室に使っている水槽に入っています(笑)
金魚のお部屋Mってやつです。投げ込み式フィルターのみ稼働。
昔から考えると、今はお部屋も設備も立派になったもんだ!

ウパくんは、今まで大きいトラブルもなく
元気に育ってくれています。
まぁ、時々暴れん坊将軍になるので怪我が多いって感じかな。
この調子でなるべく長い時間を一緒に過ごしておくれ^^

大きくなったね(ごま編)

家のウパ達がやってきた頃の画像を見て
当時の想い出にふけっていました(笑)
いやぁ~こんなに小さかったのね、君たち。
元気に大きく育ってくれたなぁ。
君たちに感謝です!ウパくん、のりちゃん、ごまちゃん♪

ってことで、今日は大きくなったね!ごまちゃん編を(笑)

2005年3月23日現在のごまちゃんです。
ごまちゃん♪
数ヶ月前の画像ですが、体の大きさの比較がしやすいように
同じ投げ込み式フィルターが写っている画像にしました。
(今はまだごまちゃんは病室にいるので
同じフィルターが写った最新の画像が無いため)

そして、
我が家にやってきて10日目の
2004年4月21日現在のごまちゃんです。
ごまちゃん♪
これは、アルバムにも載せているお気に入りの一枚(笑)
あなたかわうぃ~~~♪(*^^*)
2005年3月23日現在の画像と同じフィルターが写っているから
その成長ぶりが良く分ることでしょう!

それにしても、1年で約5倍も成長しているなんて。
大きくなってくれるのは嬉しいけど、
小さい頃の可愛さが見られるのは短期間だから
寂しいような気がするかも(^o^;)

これからもっともっと貫禄つけて
立派なジェントルウパになってくださいな、ごまちゃん^^

ごまちゃん復活!

全快の一歩手前くらいまで
復活しました…ごまちゃん!!!o(*^▽^*)o

先月の19日あたりが一番コブの腫れもピークでした。
当時の画像がこちら。
ごまちゃん
ボッコリと額に痛々しいコブが出来ています。
額だけでなく、この頃は顔全体が腫れていたかも>_<

そして、昨日のごまちゃん画像はこちら。
ごまちゃん
額のコブはすっかり退きました^^
コブがあった部分が白っぽく見えますが
これは、他の部分も白っぽく見えるところがあるので
コブの名残とは違うと思います…多分(^_^;)

前から見てもこの通り!
ごまちゃん
吊り目で爬虫類の様な顔だったごまちゃんも
すっかりウパらしく可愛いごまちゃん顔になりました(*^^*)

そして今日…
前のようなごまちゃんに戻っていました!
仕事から戻って水槽を覗くと、餌くれダッシュをして
私のところまですっ飛んできてくれました(嬉泣)
ごまちゃん
うんうん、ごまちゃんはこうでなきゃ!
このまま元気になっても大人しくなってしまうのかと
ちょっと心配だったけど、わんぱくなごまちゃんに
戻ってくれて本当に良かったです^^

応援して見守ってくれたみんな、ほんとありがとうです!