ウパくん検便

ルパくんにお願いしたので、願いを叶えてくれたのか
命日の翌朝、しっかりウパくんがウンチをしました。
今度は緑便ではなく茶色の普通のウンチでした。
ナマモノを与えて3日後に排便。
これは、ルパくんパワーとナマモノパワーのWだったのかも!(笑)

で、ウンチを1粒した後もまだ気張っていたので見ていたら
少しだけ下痢っぽいウンチをしました。

排便があったことを直ぐに先生に報告したところ、

【少量であれば下痢も今は問題ないでしょう。
次回の餌も普通に与えて大丈夫かと思います。
心配であれば、あと数日お休みさせても良いかと思います。】

との事でした。
一応、大丈夫との事だったので
排便した翌日が餌Dayだったので、モロコ2匹、ヌマエビ2匹
キャット1粒(VA剤)を与えました。

で、ちょうどウンチも出たことだし検便をお願いしました。
普通のウンチと、下痢っぽい方のウンチの両方をお願いしました。
できれば水を入れず便のみを密閉容器orサランラップで乾燥しないように、
クール便(冷蔵)で検便代(消費税込みで840円)ご同封の上、
病院までお送りくださいとの事でした。

コンタクトの保存容器がたくさんあったので
その中にウンチを入れて、クール宅急便で送りました。
ちなみに、右目側に普通のウンチ、左目側に下痢気味ウンチを(^o^;)
これ、なかなか使い勝手が良かったので検便用の容器にするにはグー(笑)

昨日発送して、本日検査結果が出ました。

下痢便のほうが寄生虫が出る確率が高いので、
一様、両方のウンチを検査したようです。

まず、寄生虫に関しては原虫がいたとのこと(-o-;
種類までは分からないそうでが
トリコモナスのような感じだそうです。
それと、酵母様のカンジダも多く認められたとの事。

原虫に関しては、おそらく皆持っている(感染している)ものと
思われるそうです。
免疫力が正常であれば、寄生虫に関して何でもそうだと思うのですが、
問題ないかもしれないですが、病気をした時、幼弱老齢時のときなどには
悪さをするかもしれませんって事です。

カンジダに関しては、通常でも腸内に存在しているそうです。
腸内細菌叢のバランスが崩れているので
数が異常に増えているのだと予想されるそうです。
このまま正常便が排泄されて、免疫が正常化すれば
これについては、抗真菌薬の投薬は特に必要もないそうです。

寄生虫に対する先生の考えは…
【原虫にしろ線虫にしろ、
生き物皆、駆虫を施したほうが良いと思っています。
もちろん、野生下では、寄生虫とほぼ共存といった形をとっていますが、
それはあくまでも「自然下」でのことで、
僕らが飼育している時点で「不自然下」なのです。
ですので「自然下」とは免疫力を含め様々な事柄が異なってくるし、
寄生虫がいるメリットもまったく無いと考えています。
逆にいることによって、なにかあったときにそれが悪さを
することも多々あるのです。 
ただ、いかんせん、この子達の場合、投薬が難しいということです。
もちろん内服薬はあるのですが。】

と言うことでした。
私もできたら駆虫したいんですよね。
内服薬が固形なら簡単に飲ませられるのですが
これが液体となると…胃ゾンデは絶対無理だし(^_^;)
人間用のカプセルに入れて飲ませるのもOKであれば
駆虫も可能なんだけどなぁ。現在先生に相談中です。

もしお薬を飲ませるのが難しい場合は、
その寄生虫達が悪さをしないように祈るばかり…かな。

PageTop