祝・ポテト正常便でる!

血便をして、しばらく絶食させて治療をしたポテてぃん。
治療終了後、1ヶ月半ぶりに出た便は、普通の便でしたが
それ以降は、下痢便をずっとしていたポテトですが、
昨日排泄された便は、ちゃんとした健康的な正常便でしたv(o^▽^o)v
しっかりウィンナーの形をした立派なウンチでした♪
これもワカサギパワーなのか!?(笑)

今後も、このまま下痢をしないでいてくれることを祈ります。
まだ一度だけの正常便では安心できないので、
これからも様子をみて便のチェックを行っていきます!

あ~でも、本当に普通の便をしたのは久しぶりなのでちょっと安心(*^^*)
ポテト♪
30分くらい気張って下痢便を出していたときよりも、
やっぱりすがすがしい顔をしているポテてぃんなのでした^^

セパレーター越しに同居しているごまちゃんも、
「良かった♪良かった♪」とポテトの正常ウンチに喜んでいます(笑)
ごまちゃん♪

そして、二匹でこっちを見てポーズを決めたので
ここぞとばかりにシャッターを切ったのですが、
その瞬間、二匹ともそっぽを向いてしまいました。そのショットです↓(^_^;)
ごまちゃん&ポテト♪

ポテトの血便とごまちゃんの感染症?

久しぶりの更新です・・・。

ポテトの血便のその後の経過と、
ごまちゃんの感染症?の経過についてご報告します。

まず、ポテトの血便ですが、
2週間の薬浴を終え、その後、約1ヶ月半ぶりに排便しました。
下痢便ではないのですが、ウンチの周りが粘膜のようなもので
覆われていましたが、長いこと排便しないと粘膜が付着するらしいので
これに関しては特に心配ないとのことでした。
その便をクリニックに送り検便していただいた結果、
血液細胞も菌も寄生虫も見られず、正常の便とのことでした。
検便結果がすべてではなく、血便の原因もはっきりしていないので
しばらくは、元気かどうか、食欲はあるかなど、注意して観察するようにと
先生より指示されました。

現在は、元気もあり食欲もあり、血便も出ていません。
ただ、便が少し下痢気味かなぁ。
エラが少し貧弱になってしまったけど元気なポテトです(*^^*)
ポテト♪


次に、ごまちゃんの感染症?の経過です。
毎年、6月頃に発病するごまちゃんですが、
今年は8月に発病しました。今年は大丈夫だったと
ホッとしていたので少しショックでした(>v<)

少し顔つきがおかしいかな?と思いだしたのが7月末。
8月2日の朝、やっぱり顔つきがおかしいので先生に即連絡。
翌日から抗生剤と消毒薬の薬浴を開始しました。
当時の画像がこれです。
ごまちゃん
ごまちゃん
去年と一昨年は、おでこの部分に腫れ物が出たのですが
今年は目に見えた腫れ物は出ませんでした。
しかし、顔つきはいつものように爬虫類顔になっていたので
目に見えないところが腫れていたのかもしれません。

薬浴を開始して2日後には、ほぼいつものごまちゃんの顔に戻りました。
ごまちゃん
今回は治りが早いかも?と安心していたら、
数日後に、またしても爬虫類顔に逆戻りしてしまいましたが
10日ほど薬浴を続けたらすっかり完治しました。

ここ3年、毎年同じ時期に同じ症状が出るので
飼育環境に問題があるのか、詳しく飼育環境を先生にお話して
聞いてみましたが、特に飼育環境に問題があるようには思えないとのこと・・・。
一体なんなのでしょうねぇ(T^T) 摩訶不思議です。

現在のごまちゃんは、元気いっぱい食欲旺盛のわんぱくっ仔です(*^^*)
ごまちゃん♪
ただ、ポテト同様、少しエラが貧弱になってしまいました。
今年の夏は、やたら水が汚れたので、頻繁に換水と掃除をしたせいかな?
最近、やっと涼しくなってきたので、嘘のように水(水質)が綺麗に戻りました^^

他の仔たち・・・
ウパくん、のりちゃん、風太くん、瑠子ちゃんも元気いっぱいで
日々成長しておりますです(*^^*)

ポテト血便?

ポテトのその後ですが、
一週間の薬浴を終了した時点で先生に次の指示を仰ぎました。

原因がはっきりしていないので、とにかく慎重に行きましょうということで、
少しずつ食事を与えていくことになりました。
薬浴終了後、直ぐに餌を再開するのではなく
数日おいてから・・・という指示でしたので薬浴終了の3日後に
キャットを1粒だけ与えました。14日ぶりのお餌でした。
その後は、普段の餌の間隔よりもあけて、なおかつ量も少なめにして、
排便の様子をみて行くことになっています。

現在、まだ排便はしておりません。血便も出ていません。
食べてないので、血便のしようもないのでは?と先生に聞いたところ
酷い場合は、食べなくても血便(出血)をするそうです。
なので、まだポテトの場合はまだ良いのかもしれないとの事でした。

今後の経過はまた追って報告していきます!

それから、ごまちゃんですが・・・
また今年も体調を崩してしまいました。
オデキや腫れ物はまだ出ていないのですが
明らかに顔つきがいつもの症状と同じです。
詳細は後日、別エントリーで報告していきます。

決して手抜き飼育をしているつもりはないのですが
毎年同じような症状が出るってことは、
この時期の飼育法で、ごまちゃんにとってよくない事をしているのかもですね。
一体なにがダメなのでしょう・・・。
この辺も先生に相談しながら改善していこうと思っています。

今日はブログの更新のみで失礼します。

ポテト血便?

昨日、検便結果を先生に確認しました。
やはり出血が認められるそうです。

寄生虫なども確認できなかったし、
正直、検便だけでは原因は分からないとのことです。
ただ、炎症性の細胞(白血球など)は確認できたので
なにかしらが起こっていることは違いないとのことです。
どうゆう時に血便がおこるのか聞いてみたのですが、
消化管内に腫瘍などのようなポリープがある場合や
寄生虫や細菌感染などのただれなどの炎症、
裂傷などで血便になると思われるそうです。

検便の結果で、炎症性の細胞が確認されているので
器官に炎症がおきている可能性が大きいですよね。
治療法としては、一日一度一時間の薬浴を行い
抗生剤と消毒剤を投与します。
すでに、抗生剤と消毒薬は処方していただき、昨日到着しております。
さっそく昨日から薬浴を開始したポテてぃん。頑張ってます!
薬浴中のポテてぃんの様子です。
ポテト薬浴中
ポテト薬浴中
大人しく良い仔で治療中でございます。
食欲はあるので、やはりお餌を催促してくるのですが
ポテトの完全回復のために、心を鬼にして絶食です。

余談ですが、この薬浴容器・・・
実は、ポテトが我が家にやってきたときに
元親さまがポテトを入れて持ってきた容器です。
当時の画像がこれです。
ポテト薬浴中
二年経った今、ポテトもかなり成長したのですねっ(*^^*)
早く病気を治して、ずーっと一緒に居ておくれよ!

ポテト血便?

お久しぶりです。
なかなか更新もできずすみません。

ウパくん、のりちゃん、ごまちゃん、ポテト、風太、瑠子、
みんな元気ですごしていたのですが、
今朝、ポテトが血便のような便をしました。
今までに見たことのないほど赤い便です。
ケーズペットクリニックの院長に電話をして相談し
まずは検便をして頂くことになりました。

キャットも赤っぽいので・・・と先生にも言われたので
試しにキャットをふやかして指でつぶして時間を置いて
色合いをチェックしたのですが、やはり全然別物のような気が・・・(>v<)
血便ではなく、キャットなら良いのですが。
ちなみに、ここしばらく家のウパ達のお餌は
3日おきにVA剤を染み込ませたキャット3粒とハニーワーム1匹です。
時々イエコオロギをあげることもあります。

先生から、ポテトの画像と便の画像を送って欲しいと言われて
撮影したのがこれです。
血便?
便は柔らかく、スポイトで吸い取る際に崩れてしまいました。
水の色もピンクに染まっているし、ウンチの膜もピンクです。

そして、これが今日撮影したポテトです。
まずは横から見たポテトです。
ポテト♪
これは真上から見たポテトです。
ポテト♪

実は、真上からの撮影は大変でした。
何でかというと・・・
血便らしきものを排泄したのですが、食欲旺盛なので
カメラを構えると仁王立ちして上を向き、餌を催促するのです(笑)
どーしても上に向いてしまうポテトがこれです(^_^;)
ポテト♪
少し時間をおいて、寝たかな?と思ったスキにシャッターを切り
真上からの撮影に成功しました(^o^;)
それにしても器用に二本足でたちますよね。
家の仔の中で、よく二本足で立つのはポテトとウパくんです。

検便した頂いた結果によっては、
抗生剤と消毒薬の薬浴が必要になってくるようです。
検便は明日の午前中必着でクール便で送ったので
明日の夕方、もう一度お電話して結果を聞き指示を仰ぐ予定です。

みなさんのウパは、びっくりするくらいの赤いウンチをしたことありますか?

結果はまた後日お知らせします。

ウパくんの指の怪我?

ウパくんの指の怪我の経過についてです。
短いながらも、ちゃんとした指先になってきました^^

3月の初旬に撮った画像がこちらです。
ウパくん
ほとんど指先がなく、カッターの刃先のようでした(^_^;)

そしてこれが、先日撮った画像です♪
ウパくん
ね?短いながらも指先になってきたでしょう?
この調子で少しずつ伸びていき、爪も生えてきて
完全な指に戻っていくと思います^^

それにしても、怪我をした指の隣の指が
異様に長く感じるのは気のせいか!?(^o^;)
骨折しているように曲がっているけど、これは普通のことです。
人間の関節とは違うので、かなり柔軟らしいです。
たまたま撮ったときに曲がっていただけで、普段は普通にまっすぐです(笑)

チビっこい指先さん、もっと伸びろ伸びろ!

ウパくんの指の怪我

ちょうど一ヶ月半ほどまえに、
のりちゃんに噛まれたとみられる怪我をしました。
↓のように、指の一本の先がありません(>v<)
ウパくんの指の怪我
比較的、ウパくんは再生時間がとっても早い仔だったのですが
この怪我にいたっては、まだあまり再生しておりません。
やっぱり歳をとるにつれて再生にも時間がかかるのか!?(^o^;)
しかし、尻尾の先の欠損はあっという間に再生したんですよね・・・。

それでも、少しだけ指の先っぽの再生が始まってきました。
本当に小さい骨のような指先が出てきております。
何度も画像に撮ろうとチャレンジするのですが
どーしても、指がよく見えるアングルに来てくれません(^_^;)
ウパくんがちょうど良い位置にいて、ちゃんと撮れましたら
その後の経過を画像とともにご報告させていただきます!

今回は、ちょっと時間がかかるけど、少しずつでも再生しているので
安心して見守っております。早く爪まで再生しておくれ^^

ごまちゃん指を負傷?

その後のごまちゃんの指の怪我の状態ですが、

怪我をしたのが11月3日で、
↓のように骨が露出するほどの怪我でした。
ごまちゃんの怪我

その後、骨の第一関節?から先が取れてしまいました。
↓これがその時の画像です。11月10日です。
ごまちゃんの怪我

それから第二関節から先も取れてしまい
露出した骨がなくなってしまいました。12月3日です。
ごまちゃんの怪我

そして、1月30日に撮影したのがこの画像です。
ごまちゃんの怪我
ごまちゃんの怪我
すっかり綺麗に再生されて、爪まで生えております。
指の長さも左右でほとんど変わらないくらいです。
怪我をしてから約3ヶ月で、完全に再生しました。
恐るべきウパの再生能力!!!良かったぁ(*^^*)

治療としては、傷口が綺麗にふさがるまでは
1日一時間の薬浴(消毒)を行い、
その後は、一週間に一度行っていました。
ここ2ヶ月くらいは消毒もしていませんでしたが
立派に完治したようです。

指を負傷したときにシッポも噛まれてボロボロでしたが
こちらもすっかり元通りになりました。
シッポの方は完治するまで1ヶ月もかからなかったかも。

これからはこんな怪我なんかしないで欲しいですね(^_^;)

ごまちゃん指を負傷?

ごまちゃんの指の回復具合を報告します。

まず、怪我が治るまでは消毒は必要だろうとの事。
消毒なので、きっちり行わなくても良いそうなので
週に一度の消毒を行っております。

11月27日の画像がこれです。
ごまちゃんの怪我
傷口は綺麗に塞がってきているものの
骨はまだ出ているままです。
この骨の周りに段々と肉が再生していくのか、
はたまた、この骨を切断しないと指は再生されないのか。
後者の場合、自分で切るのはちょっと無理だしぃ…(^_^;)

なんて、悩んでおりましたら…

12月2日に、なんと出ていた骨が取れていました!
実際の画像はこれです。
ごまちゃんの怪我
すごく綺麗に取れております。
これで、無くなってしまった第二関節?から先の
骨も再生されやすくなったような気がします!
時間をかけて少しずつ指が伸びていくことでしょう。
ウパくんも、買ったときは指が短く切れていたのですが
今ではすっかり普通に伸びているのできっとごまちゃんも大丈夫!
そうあって欲しいと願います(^_^;)

シッポの方は画像は撮ってないのですが
ほぼ綺麗に再生されました。
再生された部分がまだ薄いけど、
これから周りと同じくらいに厚くなって行くと思います^^

指が完全に再生されるまではまだまだかかるけど
これからもしっかり見守ってあげたいと思います!

ところで…
怪我とは関係ないけど、最近我が家のウパっち達は
揃いも揃ってみ~んな便秘気味です(^_^;)
寒くなるとあまりしなくなるのだろうか?
去年は普通に出ていた気もしなくはないけど。
ちなみに、2週間に一度くらいしかウンチをしません。
それでも食欲もあるし元気だと思うので
特に心配はしておりません。(出るまではちょっと心配だけど)

ごまちゃん指を負傷?

ごまちゃんの指の怪我のその後ですが…

ケーズペットクリニックの先生に相談したところ
「僕だったら消毒くらいは……」とのことでした。
確かに今回の怪我はちょっと酷いので、
そこからばい菌が入り感染症でも起こしたら大変なので
消毒薬を送って頂き、昨日から1日1時間の薬浴をしております。

怪我の状態ですが、
第一関節?から先の骨が取れてしまいました。
人間の関節とは繋がり方が違い、取れやすいと
聞いていたので、やっぱり…。

その他は、あまり変化がないように見えます。
でも、少し肉の部分が盛り上がってきたかな?
再生が始まっているなら良いのですが…。

それから、一昨日はシッポの先もボロボロになっており、
どうみても、のりちゃんに噛まれた痕だったので
急遽セパレーターで仕切ってしまいました。
これで、噛まれることによる怪我はなくなると思います。
セパレーターの撤去は、繁殖シーズンが終ったら
どうするか考えようと思います(^_^;)

メスは、繁殖期が近づくと産卵のために
食欲が増すという話をどなたかが言っておりましたが
もしかしてのりちゃんが攻撃的?なのはそのせいなのかも!?
最近、めっきり寒くなったしなぁ。

怪我に対する治療としては、
しばらくは1日一度の消毒を続けて様子を見ていきます。
1日も早く再生してくれますように。

ごまちゃんの現在の怪我の状態の画像は
続きを読む…へ(^_^;)

「ごまちゃん指を負傷?」続きを読む

ごまちゃん指を負傷?

11月3日に、ごまちゃんが右前足の指を負傷してしまいました>_<
何故か、この指を怪我したのはこれが3回目です。
のりちゃんに噛まれるのか、どこかに自分で引っかけたのか…。

今回の怪我が今までで一番酷い状態です。
指先の骨が出ているかも…(┰_┰)
ごまちゃんの怪我
怪我をした当日よりは、傷口も少しは
綺麗になってきているような感じです。
こうゆう怪我はどうやって治っていくのか
その過程?は分かりませんが
ちゃんと治ってくれることを祈ります。

この怪我に対する治療などは特に行っていません。
比較的、ウパは再生力がすごいので
時間がかかっても、ほぼ元通りになると思います。
元通りになるまでに、水カビが発生したりしないように
毎日怪我のチェックをして、水を綺麗に保ってあげるのみです。

頑張れ、ごまっち!!!!!

それにしても、どーして同じ指ばっかり怪我するのだぁ?

ぷかぷか…

季節の変わり目で、水温差が激しい今の時期、
ぷかぷかと浮き気味のウパちゃんが多いようです。

家のウパくんも今週はぷかぷか週間でございます(-o-;
朝仕事に行くときは寒いくらいの気温で、
これなら窓を開けておくだけで大丈夫だろう~
と、エアコンを稼働させないで出勤すると
徐々に気温があがって、夏の気候に…>_<
仕事を終え、超特急で家に帰って水温チェックすると
2度は上昇していたりします。

そうなると、数日後にはぷかぷかと浮かびはじめるウパくん。
他の仔は大丈夫だけど何故かウパくんだけ(^_^;)
3月頃にぷかぷかしたときは、全然沈んでくれなかったので
クリニックへ連絡して、点滴と投薬による治療をしました。
水槽ではぷかぷか浮いていたのに、リンゲル液に入れたとたん
ずっと沈んでいました。確か1週間くらいで水槽に戻して
治療を完了させたと思います。

今回は浮き気味になるけど、沈んでいる時間のほうが
圧倒的に長いので、特に治療もぜす様子を見ています。
何かの拍子にす~っと沈んでくるんですよねぇ。
もしかしてコイツ、わざと浮いているのか!?って感じ(^_^;)

で、私がウパに関してド素人だったころの、
ウパくんの飼育を始めたころの日記を読むと
やはり夏場はウパくんはプカプカしていましたね。
当時の日記に、
「暑くて怠いのか、まるで一反もめんのように浮いて
ダレダレしているウパくん…」
なんて、慌てるでもなく書いている始末(笑)
しかも、水温は28度とか書いてあるし(^o^;)
このぷかぷか病?は自然治癒してしまうものなのかも?
まぁ、原因によっては治療が必要になるのでしょうが。

季節の変わり目って本当にイヤですよね。
人間も体調崩しやすくなるし、
生き物たちも同じなのでしょうね。
季節の変わり目に弱い仔もいれば強い仔もいるのでしょう。

あとで日記を読み返してどうだったか分るように
今年の夏の最高水温を記しておきます(笑)

今年の夏の最高水温は、ウパルパ水槽が24度で
丸美屋水槽とポテト水槽は22度でした。
エアコンを24時間フル稼働の賜物?です。
しかしながら…環境に厳しい我が家で申し訳ないです。
車の排ガスが減るように、なるべくチャリ通をしたりして
他のエコには心掛けているので許してください~(^_^;)

ごまちゃんの感染症途中経過

6月15日に頭にオデキができたごまちゃんですが、
先生の見解は、やはり感染をおこしているだろうって事でした。
最初は皮膚消毒薬の薬浴を1日1時間行っていましたが
オデキがどんどん巨大化していったので
途中から抗生剤の投与も開始しました。

↓オデキが一番巨大化した時の画像がこれです。
ごまちゃん
ごまちゃん
オデキが出来てから調度一週間くらいのときです。
かなり大きいボチができています>_<

↓薬浴中に水面に頭を出した時に撮った画像がこれです。
ごまちゃん
透明な感じのオデキがぼっこりとできています。

抗生剤の投与開始3日目くらいから
徐々にオデキが小さくなっていきました。

↓そして、昨日の画像がこれです。
ごまちゃん
ごまちゃん
目に見えて完治に向かっているのが分ります。

今日は画像を撮ってないのですが
上記の画像よりもオデキが小さくなっています。
例えるなら、鼻の穴くらいの大きさまで小さくなりました^^

で、先生から薬浴終了の許可がでたので
本日をもって薬浴打ち切りです!やったぁ~^^
途中から抗生剤も追加になり、16日間の薬浴お疲れ様!
完全にボチが無くなるまで、もう少しかかると思いますが
このまま見守っていきたいと思います。
もう少しだよ、ごまちゃん~!ファイトだよぉo(*^▽^*)o

ちなみに、餌を完全に食べなくなったら点滴を行う予定でしたが
お陰様で、一時期食欲が落ちましたが、まったく食べないって事が
なかったので点滴はしませんでした。
今回処方して頂いたリンゲル液は2008.12が使用期限なので
もしもの時のために大切に保存しておきます。
出番が無いことを祈りますが…(^_^;)

緑便

ウパくんが、快便になりつつあるのに
(滞留時間は決して長くないのに)
粘土のような緑のウンチをした件について
クリニックの先生に聞いたところ…

【緑色の便は、消化管内の滞留時間の変化、消化不良、
肝臓疾患、食事内容などが考えられます。
他の健康な子達と同じ環境・食餌、回数で、
便の差があるようであれば何かあると思って間違いないです。
そのせいで、便が緑になり、寄生虫やカンジダの数が
増えたと推測したほうが妥当でしょう】

と言うことでした。
なので、やっぱり病気なのかも!?と心配していたのでずが
その後、他の子達も同じような緑便をするようになったので
餌を変えたことによる便の変色だったようです(^_^;)

そして、ウパくんの便秘は確実に解消されつつあります。
川魚を与えるようになってからは、他の子達と
同じようなタイミングでウンチをするようになりました^^
で、キャットよりも低カロリーのお魚にしたので
良い感じにスリムになってくれる事を期待します(^o^;)

まだまだ食事内容の改善をしてから3週間。
体系的には何ら変化もなく、水槽内を狭そうに
動き回っている巨漢のウパくんです(笑)
ウパくん♪

ウパくん検便

ルパくんにお願いしたので、願いを叶えてくれたのか
命日の翌朝、しっかりウパくんがウンチをしました。
今度は緑便ではなく茶色の普通のウンチでした。
ナマモノを与えて3日後に排便。
これは、ルパくんパワーとナマモノパワーのWだったのかも!(笑)

で、ウンチを1粒した後もまだ気張っていたので見ていたら
少しだけ下痢っぽいウンチをしました。

排便があったことを直ぐに先生に報告したところ、

【少量であれば下痢も今は問題ないでしょう。
次回の餌も普通に与えて大丈夫かと思います。
心配であれば、あと数日お休みさせても良いかと思います。】

との事でした。
一応、大丈夫との事だったので
排便した翌日が餌Dayだったので、モロコ2匹、ヌマエビ2匹
キャット1粒(VA剤)を与えました。

で、ちょうどウンチも出たことだし検便をお願いしました。
普通のウンチと、下痢っぽい方のウンチの両方をお願いしました。
できれば水を入れず便のみを密閉容器orサランラップで乾燥しないように、
クール便(冷蔵)で検便代(消費税込みで840円)ご同封の上、
病院までお送りくださいとの事でした。

コンタクトの保存容器がたくさんあったので
その中にウンチを入れて、クール宅急便で送りました。
ちなみに、右目側に普通のウンチ、左目側に下痢気味ウンチを(^o^;)
これ、なかなか使い勝手が良かったので検便用の容器にするにはグー(笑)

昨日発送して、本日検査結果が出ました。

下痢便のほうが寄生虫が出る確率が高いので、
一様、両方のウンチを検査したようです。

まず、寄生虫に関しては原虫がいたとのこと(-o-;
種類までは分からないそうでが
トリコモナスのような感じだそうです。
それと、酵母様のカンジダも多く認められたとの事。

原虫に関しては、おそらく皆持っている(感染している)ものと
思われるそうです。
免疫力が正常であれば、寄生虫に関して何でもそうだと思うのですが、
問題ないかもしれないですが、病気をした時、幼弱老齢時のときなどには
悪さをするかもしれませんって事です。

カンジダに関しては、通常でも腸内に存在しているそうです。
腸内細菌叢のバランスが崩れているので
数が異常に増えているのだと予想されるそうです。
このまま正常便が排泄されて、免疫が正常化すれば
これについては、抗真菌薬の投薬は特に必要もないそうです。

寄生虫に対する先生の考えは…
【原虫にしろ線虫にしろ、
生き物皆、駆虫を施したほうが良いと思っています。
もちろん、野生下では、寄生虫とほぼ共存といった形をとっていますが、
それはあくまでも「自然下」でのことで、
僕らが飼育している時点で「不自然下」なのです。
ですので「自然下」とは免疫力を含め様々な事柄が異なってくるし、
寄生虫がいるメリットもまったく無いと考えています。
逆にいることによって、なにかあったときにそれが悪さを
することも多々あるのです。 
ただ、いかんせん、この子達の場合、投薬が難しいということです。
もちろん内服薬はあるのですが。】

と言うことでした。
私もできたら駆虫したいんですよね。
内服薬が固形なら簡単に飲ませられるのですが
これが液体となると…胃ゾンデは絶対無理だし(^_^;)
人間用のカプセルに入れて飲ませるのもOKであれば
駆虫も可能なんだけどなぁ。現在先生に相談中です。

もしお薬を飲ませるのが難しい場合は、
その寄生虫達が悪さをしないように祈るばかり…かな。

ウパくん車で移動の巻

移動当日の天気は曇り時々雨時々晴れ。
気温23度前後。車内の温度22~26度。水温23度。
途中晴れてきて暑くなったなと思った時点でエアコン稼働。
それ以外は、車の窓を少し開けて空気を巡回させていました。

片道約2時間半の道のりでした。
ウパくんを休ませるためにも
関越道のサービスエリアで、
行き帰り30分程度の休憩を入れました。

まず、実際にウパを車でクリニックまで連れて行った方から
移動にあたってのアドバイスを頂きました。
アドバイス内容は次の通りです。

ウパをプラケースに入れ、アウトドア用品でよくある
保温保冷用の発泡スチロールケースに入れたそうです。
水槽やプラケースだけだと水がこぼれてしまうので、
この方法はこぼれた水の受けにもなるので良いそうです。
水がこぼれるので、バスタオルは必須。
発泡スチロールの下にもバスタオルを敷いた方が無難。
ブレーキの時に水が揺れてしまうので、こぼれ出す可能性あり。
長時間になるとすると、エアレーションを入れた方がいいかも。

との事でした。

クリニック訪問の前日、先生にお電話した際に、
水温が変わらずに保たれるので、
クーラーボックスに入れてきてしまうのが一番良いとの事でした。
暑い場合は、エアコンの風を直接水面に当てていこうと思ったのですが
それだと水温が下がり過ぎる場合があるのでマズイし。
エアレーションは入れた方が良いってことで
携帯用ポンプか酸素が出る石を入れても良いって事でした。
家のウパくんはちょっと大きいので、大きめの発砲スチロールは
入手できなかったため、クーラーボックスを購入しました。
それと、そのクーラーボックスに上手く入る大きさの飼育ケースも購入。

当日は、こんな感じで移動させました。
移動時
クーラーボックスにバスタオルを敷き、
その上にウパくんの入った飼育ケースを入れました。
クーラーボックスと飼育ケースの間にも
隙間ができないようにタオルを詰めました。
その方がクーラーボックスの中でガタガタせず
揺れが軽減されると思って(^_^;)
水量は、なるべく水がこぼれないように
半分くらい入れました。入れた水は水槽の飼育水です。
もちろん水温計を設置。

クーラーボックスを閉め切ってしまうと
携帯用ポンプは飼育ケースの蓋の上に置き、
ボックスの中に入れる事になるのですが
ポンプの熱で水温が上がるような気がしたので
手に持って持ち運びする以外(車内で)は、
少し蓋を開けてチューブを通しポンプは外に出しておきました。
ウパくんも真っ暗より、多少光が入った方が
不安じゃないだろうと勝手に思ったし(^o^;)
クーラーボックスに入れた場合、
蓋を少し開けておくくらいでは外気に触れる面積が少ないので、
車内の温度はどんどん上がっていきましたが
水温は常に23度のままでした。

酸素の出る石ですが、私は8個入れてみたのですが
それだけですと、ちょくちょく水面に空気を吸いに行くので
携帯用ポンプも併用しました。
石は、誤飲防止のためネットに入れて
エアチューブを固定するためのキスゴム?吸盤?で
しっかり飼育ケースの側面に固定しておきました。
↓画像は、クリニックから帰宅後、捨てるのも勿体ないので
一番エアが貧弱なポテト水槽に入れたものですが
そんな感じでネットに入れて固定しました。
酸素が出る石
なるべくウパくんが触れない高さの位置に固定しました。
移動中、常に揺れておりウパくんも敏感になっていると思うので
そうゆうときに、不意打ちの様に物体が体に触れると
もしかして驚いて暴れるのでは?と心配したからです(^_^;)
エアレーションのチューブも動かないようにしっかり固定しました。
とにかく余計な刺激は与えない事を第一優先で。

後部座席にクーラーボックスを置きました。
両サイドにある座席の手置き部分と、
クーラーボックスの隙間にタオルを挟みしっかり固定。
背もたれとボックスの間にはクッションを入れて固定。
シートベルトとボックスに着いているショルダーで
しっかりと座席に固定しました。
それと、普通にシートにボックスを置いただけでは
少し斜めになるので、下に毛布を入れて
なるべく水平になるように工夫しました。

そんな状態で出発進行です。
発信の時はかなりの緊張です(^_^;)
家の駐車場の出入り口が、
ちょっとした短い坂になっているのですが
(段差ではなく単なる傾斜なのですが)
その時、車が非常に揺れて、ピシャンピシャン跳ねました>_<
ええ~こんなに暴れるのに東京まで行けるのか!?と
思い切りブルーに…(笑)
私もかなりビクビクしながらのノロノロ運転でした。

しかし、その後は普通に波に乗れる程度の速度で行きましたが
ほとんど大人しくしていました。
往復の間に暴れたのは3回だけでした。
まず一回目が、駐車場の出入り口。
二回目が、クリニックの駐車場に入れた時。
(クリニックの駐車場の出入り口も家のと同じように
ちょっとした傾斜でした。だから、同じ揺れ方だった/汗)
三回目が線路を渡ったときです。これが一番の大暴れ。
その線路はかなりデコボコしていたので、どうしても
一定方向の揺れじゃなくなるんですよね。
この揺れはマズイと思って、
かなりゆっくり渡ったのですがダメでしたねぇ。
行きは陸橋を使って行ったので良かったけど、帰りは失敗。
次回、車での移動をするときは線路は避けます。
いずれも、暴れた時は車が上下左右に激しく揺れた時でした。
普通に走っている分の揺れやバウンドには
慣れてしまえば大丈夫のようですが、
上下左右同時に揺れるのは思い切りダメみたいでした。
ウパくんに限ってかもしれないけど(^_^;)

ちなみに、最後の線路での大暴れの際は
半端じゃなく水しぶきが飛び、座席などが
かなり濡れました。下に敷いてあったバスタオルも
ぐっしょりなほどに(^_^;)
でもってシッポも怪我しました。ショックでした。

そんな感じでウパくんの長旅は終りました。

さてさて、今回の移動に持っていったものは
下記の通りなので、移動の際は参考にして下さいませ。

まずはバスタオル3枚と、タオル3枚。
【かなり役に立ったので移動の際は必須です】

大きめのバケツと網。これは、もしもプラケースや
クーラーボックスが破損した場合に移せるように(^_^;)
よって、2リットルのペットボトル2本に
予備の飼育水も入れて持っていきました。
これは、水がこぼれて減ってしまった時にも使えるし。
ただ、ペットボトルの水温が心配だけど。
万全をきすなら、この予備の飼育水も
別のクーラーボックスへ入れていくと良いかもですね。
【バケツと網は使用しませんでしたが、
予備の飼育水は足し水として使いました】

車内の温度をチェックするための温度計。
家の車は外気温しか表示されないので(泣)
【これはあっても無くても良いかな】

プリンカップとスポイト。
これは、途中でウンチをした場合、
直ぐに取り除いてあげられるように。
【ウンチをしなかったので未使用/笑】

除菌ウエットティッシュ。
道中、手を洗える場所がなく
どうしても水槽の中に手を入れなくてはならない時のため。
まぁ、コンビニにでも寄って手を洗えばいいのかもですが
とにかく都内は車を駐車できるようなコンビニが無かった!!!
【結局、水槽に手を入れることもなく未使用】

変形手鏡(笑)
これは、長い棒に角度の変えられる手鏡を
付けてDIYしたもの(^_^;)
信号待ちや渋滞の時、運転席に居ながらして、
後部座席のプラケの中のウパくんの様子がチェックできるように。
まぁ、車の下に爆弾などが仕掛けられてないかを
チェックする時に使うような鏡を自作したわけです(汗)
【一緒に付き添ってくれた友達が、
ちょくちょく後部座席に移動し水温やウパくんを
チェックしてくれたので結局出番なし。
友達の化粧直しの鏡と化してました(泣)
っていうか、クーラーボックスの蓋も少ししか開けてなかったし
比較的プラケの中が暗かったからどっちにしても意味なかったかも!!
今回同行してくれた友達には大変感謝です。】

傘。
これは、車内で陽が差してきた場合の日除けになるように
日傘代わりに普通の傘を持っていきました。
窓硝子にスモークは貼ってあるけど念のため。
【晴れても、ウパくんのプラケに陽が当たることもなかったし
車外の移動の際は、運良く雨が上がっていたのでどっちにしろ未使用】

アクアセイフとコントラコロライン。
予備の飼育水も使えなくなり、
どこかの家庭やコンビニでお水を貰うことになった場合のため。
【さすがにそこまでのトラブルは無かったので余裕で未使用】

あとは、ノートと筆記用具、デジカメを持っていきました。
先生の一言一句を聞き逃したくなかったので
携帯用の小さいテープレコーダーも
持っていこうと思ったのですが忘れました(笑)

私が持っていった物はそのくらいですね。
ただ、私は気にしいで神経質っぽいので
不要なものもかなりあったかもですが参考までに(^_^;)

それから、長距離移動の場合は、
1人で連れて行くのは大変だし心配だと思うので、
どなたか付き添いで行って頂くと助かりますよぉ。
水温チェックやウパチェックなどを嫌がらず
こまめで面倒見のよい人を連れて行く事をお薦めします(笑)

出発前夜は、ウパくんの移動がとても心配だったし
緊張のあまり一睡もできませんでした(^o^;)
それでも、睡魔に襲われることもなく
無事に帰ってこれて本当に良かったです。
ウパくんがシッポを怪我しちゃったけど…。

それでも、予想していたよりもかなり大人しく
車に乗っていたので、ウパくんは偉かったね!
本当にお疲れ様でした、ウパくん(*^^*)

先生との談話

クリニックへ行く前に、
もしウパくんがお腹の病気で、
お薬で治療できない場合、手術は可能なのか。
もし不可能である場合は手の施しようがないのか?
という質問をしたのですが(^_^;)

なんと、ウパでも手術は可能だとの事でした。
ウーパールーパーのオペは先生も経験がないけど
水中生物では、魚のオペは経験があるそうです。
それにしても、どうやってオペするのか不思議でした。

で、今回クリニックへ行ったときにオペ方法を聞いてきました。
(別に私が自宅でオペする分けじゃないけど、興味あったので)
水の中に麻酔薬を投入して麻酔をかけるそうです。
そして、スポンジを谷切りにして、(生体の形にくり抜くって感じかな)
その谷の部分に生体を乗せます(入れます)。
そうする事によって切開部分以外は、常に麻酔薬の入った
水が吸収されているスポンジに浸されることになるので、
そうやってオペをするそうです。
上手く言えないけど、意味分ります?(^_^;)
今後、もっともっと小動物の医療技術も進歩して
どんな病気でも治るようになればいいなぁ。
その前に病気にさせないことですけどね。

あとは、お薬の話になったときに
爬虫類や、両生類、魚類などの種類別に
それぞれに使えるお薬と、その用量用法が
掲載されている専門書?を見せて頂きました。
かなり分厚い専門書なのですが、両生類に使えるお薬のページは
ほんの数ページでした。現時点では使える薬が少ないんですよね。
今後は、もっともっと両生類にも力を入れて
薬の開発を行っていってもらいたいものです(^_^;)

その本の中で、私が知っている名前のお薬は…
まずは、メチレンブルーが載っていました。
以前、掲示板でもそうゆうアドバイスがありましたが
先生も、これは毒性が強いのでお薦めしないってことでした。
あとは、ホルマリンなんてのもありましたね。
何の薬として使うのかチェックしたのですが
寄生虫の駆除と書いてありました(^_^;)
他には、塩も載っていました。塩浴ですね。
用量用法をチェックしてきたのですが、
1リットルに6gの塩を使い、5~10分。
これを24時間事に1週間~10日。(だったかなぁ)
ずっと薬浴や塩浴するのは良くないみたいで
1日に数分、あるいは数時間薬浴させる方がいいみたいです。

他にも両生類に使えるお薬の用量用法が載っていたのですが
全部は暗記できなかった!当たり前かぁ(笑)
あの本、欲しいなぁ…普通に買えるのだろうか。

それから、イカリ虫などの寄生虫に寄生された場合は
リフィッシュなど使えるのか聞いてみたのですが
使うのは薦めず、一本一本抜くという処置をした方がいいと。
それでも、口の中などに寄生されたら抜くのも難しいです。
そういった場合は、薬を使うしかないでしょうが
薄めて使うので、完全に駆除できないかもしれないって事でした。
イカリ虫などの厄介な寄生虫には本当に注意しないとですね。

あとは、ウパくんのレントゲン検査の診断をして頂いた時に
砂利を大量に飲み込んでしまった子のレントゲン写真も
見せて頂きました。もし異物がある場合はこうやって写るという実例で。
ハッキリとした白い粒がたくさん写ってました(^_^;)
そこで、底砂利の事についてお話ししたのですが、
先生も絶対にベアタンクをお薦めするってことでした。
砂利を敷けばバクテリアなどのメリットもあるかもしれないけど
メンテナンスの問題や、ウンチの状態のチェックなど、
そうゆうちょっとした異変にも気付きづらくなるし、
何より、誤飲してはき出せない場合はマズイそうです。
その点、ベアタンクはウパにとって害もなければ
不都合もなく悪いことはないので、ベアタンクを薦めるとの事です。
バクテリアの事を言うなら、ベアタンクにして、
その分大きめの外部フィルターを使う方がよいだろうって事です。

バクテリアの話が出てきたところで、
先生から教えて貰ったろ過層なのですが…
(あくまでもオーバーフローの場合)
浮き草をいっぱい入れた水槽をろ過層にするってことです。
浮き草の根っこなどがバクテリアの住処としては良いのでしょうね。
本当に湖などにいるバクテリアの住処っぽいし(笑)
家ももしオーバーフローにしたら、この方法を使わせて貰おうかな。

あとは…
便秘気味のウパくんが何故クリニックで排便を催したか。
それは、常に揺られながらの移動が運動になり
腸の動きが活発になったからのようです(笑)
確かに、来院したウパちゃんが診察中に
ブリブリっとウンチをする事が多いそうです(^o^;)
快便を促すためにウパを散歩に連れて行く方が居たそうですが
先生的には、あまりお薦めしないって事でした(^_^;)
必要な時以外の移動は避けた方がいいそうです。

そうだ。
ウパくんのエラから出ている太い血管を見て
「これはかなり怖いですねぇ」と何度も言っていました>_<
なので、絶対に血管を切ってしまうような事は
させないようにせねばっ!!!!
危険な箇所は全部マットでガードしてあるけど
自分で引っ掻いたら、止めようがないのよね(泣)
血管が出てきてしまう原因も、きっと何か切っ掛けがあるはずだって。
先生は、水質の関係じゃないかと思うらしいです。
出てしまう原因がハッキリしてくれれば対処も可能かもしれないのに。

それから…
絶食の話になったときに、
例えば、ウパくん位の体格であれば
半年くらいは絶食可能でしょうって事でした!!!
さすが絶食には強いウパだ!!!!ビックリ(笑)
でも、それを実際にすることはしませんが(^_^;)

そんな感じでしたね。
他にも何か思い出したら書いていきます(笑)

そそ、みなさんももし病院にかかる時に一番気になるのが診療費。
ウパくんの治療費明細は下記の通りでした。
■再診料  1050円
■X線検査(読影、診断料)  1575円
■X線検査(六切)  1575円
■ポゴナ・タートルフレッシュアイ  1260円
で、合計5460円でした。
尚、時々料金は予告無く変更されることも多々あるそうです。

今回、クリニックへ連れて行くにあたり購入したものが
■Lサイズの飼育ケース  780円
■クーラーボックス  1880円
■携帯用ポンプ  1029円
■酸素を出す石飼育用  498円
■携帯用ポンプ用の電池 498円
■酸素を出す石を入れるネット(誤飲防止のため) 100円(百均で購入)
■車内の中の温度をチェックするための温度計  100円(百均で購入)
で、合計4885円。結構したな…(泣)

そして交通費が関越道の往復で3600円とガソリン代約2000円。
トータルで15945円でした。
ウパ達のために『もしもの時貯金』をしておいて良かった!
今回、通院グッズ?は揃えたので、次回診療に行くときは
診療費と交通費だけですみます。
いや、行かないことに越したことはないけど(^_^;)  

病気の時以外にも、今度また行きたいと思える
そんなクリニックの内部ですが…
入り口を入って直ぐの待合室にはいくつかの動物が居ました。
待合室♪
まず目に飛び込んできたのが、カツカツと足音?爪音?をたてて
せわしなく動き回るミツオビアルマジロです(笑)
ミツオビアルマジロ♪
ミツオビアルマジロ♪
この子は、本当に常に動き回っているので
写真では無理だったので、動画で撮影しました(^o^;)
↑これは動画をキャプチャーしたものです。
動物に全然興味のない友達も、このアルマジロだけは
面白がってずっと見ていました。
動画が見てみたい方はメール下さい。動画ファイルを送ります。
マジでキモ可愛い奴ですよぉ(笑)

これは、テキサスラットスネークです。
テキサスラットスネーク♪
真っ白のアルビノのような感じのヘビでした。
寝ていて動かないと思いきや、結構ニョロニョロしてました。
やっぱりヘビも欲しいんだよなぁ~>_<

ヒメハリテンレックです。
ヒメハリテンレック♪
多分、2匹だと思うのですが、丸くなって寄り添ってお休み中(笑)
威嚇すると針がボーっ!って立つのかなぁ(^o^;)

スローロリスです。
スローモーションに見えるほど動作がのろいお猿さんです(笑)
スローロリス♪
夜行性なので、昼間はこうやって丸くなって寝ているそうです。
スローロリスって言われなかったら何者なのか分りません(笑)
まるで、グレムリンのギズモの背中から生まれてきたばかりの
グレムリンみたいでした。言いたいこと分るかな?(^o^;)
でも、このモコモコ感が堪らなく可愛いでしょ?

なかなか凛々しいコキンメフクロウです。
コキンメフクロウ♪
私が動くたびに、目で追ってくるのですが
その目つきがギラリとしていてちょっと怖いかも!(笑)

ヒョウモントカゲモドキです。
ヒョウモントカゲモドキ♪
とっても素晴らしい固体でした。綺麗だったし。
一匹は頭隠して尻隠さず状態です(笑)
この子達は、私たちがいる間は微動だにせず
ジッとしていました。寝ていたのかな?(笑)

そして、待合室のアイドル的存在のトビウサギです♪
トビウサギ♪
この子も夜行性なのでずっと丸まって寝ていました>_<
足が長くてまるでカンガルーのようです。
どうしても起きている状態のこの子をみんなに見せたいので
先生のところから↓画像をお借りしてきました(^o^;)
トビウサギ♪
ね?めちゃくちゃ可愛いでしょう~(><@)ジタバタッ
これならアイドル間違いなしでしょう(笑)

以上、7種類の動物たちがお出迎えしてくれました♪
あっ!あともう1人、病院のアイドル…先生のお嬢様です(笑)
ウパくんの事も、「ウーパーさんだよ」と先生に教えられながら
面白がって見ていました。可愛かった~(*^^*)
子供の頃から、たくさんの動物たちに囲まれて
とっても羨ましく思います。いいなぁ…(笑)

以上、クリニックへ行った時の報告でした。
次回は、「ウパくん車で移動の巻」と称して
移動における注意点やアドバイスをアップして行きます(笑)

K's Pet Clinic での診断結果

取り急ぎ、報告します。

クリニックへ行って参りました。
朝7時に出発、途中関越のサービスエリアで
30分の休憩をとったけど、約2時間半でクリニックへ到着。
予想よりかなり早く着き、予約時間(11時)の1時間前でした。
それでも、待つことなく直ぐに診察をして頂きました。
途中、2匹の患者さんが来院しましたが
トータルで、2時間くらいは先生とお話する事ができました。
完全予約制なので、混み合うこともなく、
かなりゆっくりと診察して頂くことができました。
もしかして時間までに行けないかもしれないと
事前に先生に言ってあったので、
11時以降の午前中の予約などを入れさせないように
して下さると言っていたし、そのお陰だったのかも(^_^;)

結果から言うと……単なるおデブちゃんでした(^_^;)
これも決して良いことではないのですが
とりあえず、病気では無いことが分かり安心しました。
心配して頂いた方々には申し訳ない限りです>_<

実際の診察の流れは、以下の通りでした。

このお腹の腫れは何なのか考えられる事を推測。
?単なるおデブちゃん
?卵巣の肥大
?抱卵など
ウパくんは昨年の今頃、突然20粒位の卵を産みました。
同居していたのはメスのルパくんなのでもちろん無精卵。
ウーパールーパーの産卵を考えると、かなり少ない数です。
もしや、その卵が今でも残っていると言うことはあり得るのか
先生に聞いたのすが、産まなかった卵は体に吸収される説もあれば
残る場合もあるらしいって事でした。
残った場合は、お腹の中で腐るのでマズイだろうって事です。

まず、先生がじっくりとウパくんを観察しました。
上から、横から、下から…と、じっくりと。
結果、シッポや足の太さもしっかりしていて
決して痩せていると言うこともなく、お腹との兼ね合いを
比較してみても、異常なほどのお腹の腫れではないのかも。
って事でした。この段階で、単なる肥満説が(笑)

次に、診察室を真っ暗にしてペンライトを使い
上下、左右からウパくんを照らし、
お腹の中に卵や異物がないか透視。
しかし、よく見えないので、先生がウパくんを連れてオペ室へいき
手術台の強力なライトを使い透視。
それでも、お腹の中が透けて見えない。
(のちに、お肉の壁が厚すぎて内部が透けて見えなかったと判明/汗)

次にX線検査。
水の量が少ないほうがよく写るので
プラケの水を限界まで少なくしてX線室へ。
↓先生にレントゲン室へ運ばれて行くウパくんです。
※画像は先生の許可を得て、撮影及び掲載しています。
先生♪
本来、水から出して撮影した方が鮮明に写るらしいのですが
この子達の場合、リスクが大きい(大変なので)ので
今回は水に入れた状態で撮影しました。
↓ウパくんのレントゲン写真です。
ウパくんのレントゲン写真
写真の実物を頂くことは無理なのでデジカメで撮影してきました。
なので、実物を見てない方には分りづらいと思いますが、
黒く写っている部分は空気だそうです。
少し気になるのが、白く丸く写っている影だけど
多分、ウンチだと思うって事でした。
そして、うっすらと白く体型の形をしている部分が
全部脂肪…お肉だそうです(;^_^A アセアセ…
水から出して撮影すれば、もっと鮮明に内部が写るそうです。
更に内臓などを詳しく検査する場合はMRIも使用可能らしいです。
ウパ達でもMRI検査なんて可能なんですねぇ…すごい(^_^;)

この段階で、問題は無さそうだってことでした。
あとは、検査するとしたらバリウムを飲ませての検査。
でも、それは胃ゾンデを使って飲ませるので
ウパくんは暴れそうだったから私がパス。やめました。
先生もバリウムは薦めなかったし(^o^;)

その後、ダイエット法?についてお話を伺いました。
ダイエットと言っても、人間とは違い食事制限や運動するのではなく
とにかく食事内容の改善だそうです。
キャットを主食とするのではなく、
低脂肪、高タンパクのものを多種与えるってこと。
それとナマモノも与えるってこと。
あくまでもキャットは多くある餌の中の一つとして考える。
人工フードは、固めるのにデンプンを使っているので
ペットが太りやすいそうです。
しかも、この子達は太りやすく痩せづらいとの事(-o-;
現に、ここ一年はかなり餌の量も減らし制限していたのに
一向に痩せる兆しはありませんでしたから。
だからこそ、食事内容の改善なんですね。
ウーパールーパーは少しくらい太っている方が
可愛いんですけどね…と先生も言っていたけど
限度もあるでしょうからね(^_^;)

ドッグフードやキャット(猫)フードなどは
かなり改善されて、それだけを与えていても全然問題ないけど
爬虫類や両生類のフードなどは、まだまだ完全ではないそうです。
ましてや、キャットは両生類の餌でもないし。
今後、両生類の餌も改良され、ドッグフード並みの良質になれば
きっとそれだけでも大丈夫になる時代が来るのかもですね(^_^;)
ペットといえば、やっぱり犬猫が主流だし、
それなりに餌も良いものがどんどん作られていくのでしょうね。
両生類なんてマイナーですもんね(┰_┰)

具体例として先生があげていた餌は、
メダカなどの淡水魚、甲殻類、水生昆虫(ヤゴなど)
コオロギ、ゴキブリ、ドジョウなど、
内臓や骨など、丸ごと与えられるもの。
食用として売られている冷凍のワカサギや川エビも良い。
海産物は与えない。マグロなどは、時々オヤツ程度に
ほんの一口与えるくらいなら問題ないそうです。
先生が予測するに、野生のウパ達の餌は、
水生昆虫がメインで、小魚類はたまにのご馳走じゃないかと。

生き餌は、寄生虫を結構持っているので
一度冷凍してから与えると良いそうです。
それには、生きたまま冷凍するのですが(^_^;)
本当はマイナス30度くらいで冷凍するのが一番良いけど
家庭用の冷凍庫でも、だいたいの寄生虫は死滅するそうです。
薬浴による寄生虫駆除より、冷凍の方が食べる側の事を考えると
薬による害が無いので良いのでしょうね。
家庭用冷蔵庫の冷凍も完璧ではないので多少のリスクはあるでしょうが。

それと、爬虫類用に冷凍した餌もあるらしいので
そうゆうのを与えても良いって事でした。
ちなみに、スコープという爬虫類・両生類専門店のお店で
冷凍川魚などを通販しているそうです。
早速注文して餌の一つとして与えていく予定です。

以上のアドバイスをもとに、徹底的に食事内容の改善を試みます。
肥満のウパくんだけじゃなく、他の子達に対しても。

本来、両生類などは、
例えばオオサンショウウオが100年くらい生きるように
長寿な生き物なので、水質、水温、食事…これがしっかり出来ていれば
飼育下のウパも長生きするから、まずは20年くらい生きて貰えるように
頑張りましょう!!ってことでした^^

飼育技術や治療方法の確立されていない生き物に
完璧に治療を施すのには、それぞれの生き物についての
飼育経験が不可欠だと言うことで、
約80種類の珍獣(笑)を飼育している先生ですが、
そんな先生は、現在水槽用のクーラーを探しているらしく
設備が整ったらウーパールーパーの飼育もはじめるそうです(笑)
あと、ウパに関しての食事内容の勉強をもっとしてから。
何より、最近増えたウパの患者さんを見て、
副院長である奥様がウパに悩殺され気味のようです(笑)
早く待合室にウパ水槽が登場すればいいなぁ(*^^*)

先生はウパを飼ったら、各ウパ事に違う餌を与えて
実験的な事はするのですか?と聞いたら、
動物実験って嫌いなんですよね…と言っていました。
なので、実際に餌を変えて実験?している
サンショウウオセンターなどでの
実験データを知りたいなぁ…と言っていました。

先生との談話中、ウパくんが排便を催しました(笑)
↓気張って頑張っているウパくんです(^o^;)
ウパくん♪
先生と、私、それと付き添いで一緒に行ってくれた友達の
3人で、プラケのウパくんに顔を近づけ
ウンチはまだかまだかと待っていたのですが出ませんでした(^_^;)
40分くらい待ったのですが、結局でない~(泣)
出たら検便もするつもりだったにっ!

ちなみに、太りすぎていても便秘になりやすいそうです>_<
あと、先生の患者さんの中で、やはり便秘のウパちゃんが居るらしく
人工フードを与えていたのですが、ナマモノの餌を与えはじめてから
すんなり排便するようになったとの報告も受けているそうです。
一例ですので、絶対とは言いきれないようですが
ナマモノの摂取も便秘改善の一つなのかもですね。

それから、ビタミン摂取に関しても
きくさんから質問がありましたのでお話を聞いてきました。
きくさんのチョメちゃんは、ビタミンA不足による
皮膚病のため、現在VAを週一で摂取しているようですが
もし病気もなく元気な子の場合は総合ビタミンを
与えた方が良いのか聞いてきました。
先生からの回答はこうです。

ビタミンA不足の子が多いので
週に一度くらいのタイミングでビタミンAを
与えてあげれば良いでしょう。

という事でした。
ですので、私もビタミンAの処方をして頂いたので
今後は、週一回、餌に染みこませて与えていきます。
処方して頂いたビタミンAは…
ビタミンA剤
ポゴナ・タートルフレッシュアイです。
お値段は1260円でした。
これを、週1回5~10滴与えます。

以上、ウパくんの診療に関してはそんな感じでした。
皆様の参考になれば幸いです。
他にも色々とお話を聞いてきたので、
また日を改めてご報告します。

ウパくん病院へ行く

明日の11時に、診察の予約を入れました。
ウパくんのお腹の膨れ方は、
色々な角度から撮った画像を見て、
ただ太っているだけじゃないような気がすると
先生に言われました。

やはり画像を見るよりも、実際にレントゲンを撮ったりして
診察してみないと何とも言えないとの事なので
今回連れて行くことにしました。

実際に車でウパを連れて診察に行った方から
移動する上でのアドバイスを頂き、
一応、万全の準備を整えて行って参ります。

我が家から、クリニックまで車で3時間以上はかかります。
往復でかなりの長旅になるので、
ウパくんが一番疲れるのでは?と心配です(^_^;)
しかし、病気であるなら、一刻も早く治療を受けたいので
頑張って行って来ます。だから、ウパくんも頑張って!

車での移動に関する注意点やアドバイスなども
実際に自分で経験した事を詳しく記載して行くつもりなので
もしもの時に皆様のお役に立てれば幸いです。

クリニックへの通院?準備で
ここ何日かドタバタとしていて掲示板にも参加できなくすみません。
落ち着きましたらまた日記の更新や掲示板への参加もしますので
それまで皆様、どうぞ宜しくお願いします。m(__)m

緑色のウンチ

ウパくんの緑色便にビックリして
クリニックの先生に聞いたところ…

【便についてですが、問題ありません。
滞留時間が長いと濃緑色になります。】

との事でした。
一瞬、消化器系の病気かと思って冷や汗でた(^_^;)
でも、問題無しってことだったので良かったです。

取り急ぎ報告です^^

ウパくん排便!

今日、ウパくんが待望の排便をしました~!!!
とっても嬉しかったのですが…
糞の色が緑色。これって一体…。なに?
時間が経過していたため、糞は柔らかく崩れ気味だったのですが
スポイトで吸い取ってプリンカップに入れてよくみると
まるでそれは岩海苔のような感じ。そんな感じで緑色。
こんな色のウンチははじめて見たのでビックリです。
餌の量も少なく、10日間は絶食しているので
ウンチの量も、まるでチビウパのみたいに小さいかったです。

糞の色は、食べている物にもよるのかもしれませんが
食べたのはキャットとレバー。他の子も同じのを食べているけど
緑のウンチが出たことはありません。
お腹の中に長い間あったので色が緑になったのでしょうか?(^_^;)
それとも、消化器系の病気なのだろうか…。
とりあえず、先生に相談中です。
せっかく排泄してくれたのに、まだまだ心配は続く(泣)

あと、2週間ほどまえに人工プランツに絡みついている
緑色の膜みたいなものがあったんですよ。
まるでコケのような感じの色の膜でした。
水草も入れてないし、コケも生えていないのに
何でこんなのがあるのか不思議だったのですが、
あれは、ウンチの残骸だったようです。
という事は、今日の前にも一度排便していたってことですよね。
今日のウンチを見て、あの時の緑の物体は糞の残骸だと確信できました。

みなさんのウパは緑のウンチなんてしたことありますか?(^_^;)

その後のウパくん

ぷかぷか病は、点滴後は落ち着いています。
その後、エサを吐き、下痢をしてからも
その症状は落ち着いています。

一週間の絶食後は、4日に一度キャット1粒を与え
様子を見ていたのですが、すでに3週間以上排便していません>_<

現在のエサのタイミングと量、
便秘のことを先生に報告したところ…

【排泄の確認をしながら、食事のほうは与えるようにしてくださいね。
慌てない事!です、たいへんかと思いますが。】

との事でした。
ってことは、排便を確認できるまでは
エサは与えないってことなのでしょうね(^_^;)
キャット1粒ずつならいいかなって思ったのですが
それでも焦りすぎたようです。反省。
にしても、あまり食べてないのにウンチは出るのだろうか。
病気で排便できないって事がなきゃいいな。

現時点では、このまま様子を見て、
全然排便しないようであれば、また相談する事になっています。

余談ですが、
先日、放送が延期になった「どうぶつ病院24時」ですが
7月頃に放送する予定になったみたいです♪
まだまだ先だけど、楽しみにだな!

ポテトはお痩せさん?

一昨日の晩、ポテトが真っ白になっていてビックリしました。
だって危篤状態のときのルパくんのように
エラもフサフサも体も真っ白で…。

息しているのか!?と思って、
顔の前で指をヒラヒラさせたら
しっかり噛みついてきたのでホッとしました(^_^;)
何度かパクパクしているうちに、血色は戻ってきたけど
マジ、嫌な鼓動が止まらないほどビックリでした。

しかしながら、気になり出すと気になるたちでして、
なぁ~んか、痩せているように見えてきちゃって。
ポテトの画像を撮って先生に見せて判断してもらいました(^o^;)
先生に送った画像は下の4枚です。
体のバランスを見て欲しくて、
真上から撮影をしていたのですが、
直ぐに上を向いて「エサくれポーズ」をするので
ちゃんと撮れなかったのですが。
ポテト♪
ポテト♪
ポテト♪
ポテト♪
先生からの回答は次の通り…
【痩せても、太ってもいないと思います(^^;
まだ、子供なのでしょう。
餌の量も難しいですけど、通常の動物であれば
子供の時に餌を制限するようなことはありません。
たくさん食べても、太らずに全て成長の方向に向かっていくはずですので。
ただ、これはあくまでも、「食事内容が正しい」ことが前提だと思います。
なので、今のウーパーたちは、主にキャット中心が主流ですが、
僕もまだまだ勉強不足でなんとも言えないのですが、
キャットやコリドラスフードが栄養的にこの子達にとって正しいとは
けっして言えないかと思っています。】

ってことでした(^_^;)
現在ポテトは約1才。まだまだ子供の域ですよね。
かなりエサをセーブしていたので、
少し増やしてみる予定です。徐々にね。
そろそろポテトにもピンクマウスをあげてみようかな。
確か、ウパくん達も今のポテトくらいの頃から与えはじめたし。

それから、白くなるってことは貧血で、
その場合はレバーなどの鉄分を多めに与えた方が良いのか聞いたところ、
【貧血であれば、「常に真っ白」の状態が続いているはずですので
貧血ということは無いと思います。
活動のバロメーターと思えばよいのではないでしょうか。】
ってことです。
貧血じゃなくて良かった。

最近、ぷかぷか病などで神経質になっているから
普通の事でも怪しく感じてしまう私…(;^_^A アセアセ…

ウパくん食餌再開

先週吐いたり下痢してから、一週間の絶食が終りました。
ウパくん的には長かったね。よく我慢しました^^
直ぐに元通りの量に戻すのは絶対にダメなので
今日はキャット1粒だけあげました。
まぁ、これじゃ満足できないと思うけどごめんね?(^_^;)

毎日、食いつき度をチェックするために
私の指を噛ませていたのですが、
やっと本当のエサが食べられて良かった良かった。
ちなみに、食いつきっぷりは良く
食欲はあったようです。
本当に具合が悪いと、指を近づけると後ずさりしますから。

これで次回のエサのタイミングと量については
再度先生の指示を仰ぎます。
これでまた一週間後とかになるのかなぁ…(^_^;)

では、今日の締めくくりに、つかまり立ちウパくん画像を♪
ウパくん♪
コードをしっかり握って立っている姿は
まるで伝い歩きをはじめた赤ちゃんみたいで
めちゃめちゃキュ~トっ!!!てへっ(*^^*ゞ

ウパくん下痢…

ウパくんの話題に入る前に、
今日はポテトがとっても美男子に写った
画像が撮れたのでご紹介します♪
ポテト♪
ね?エラもふっさふっさして
なかなかの美男子でしょ?(笑)
これも親バカゆえ、お許しを…。

さてさて、ウパくんですが、
健康的なウンチをした翌日は下痢便しました(泣)
元気ウンチが出て少しホッとしたのもつかの間、下痢とは(-o-;
エサはもちろんお休み中。胃腸を休めております。
一昨日下痢をしてからはウンチは出ていません。

そんな状態の中でもやたらエサは食べたがります。
しかし、今は我慢の時。もう少し絶食しようね。

去年のごまちゃんのように額などの腫れや
浮腫などは見られません。
しかし、いつもと顔つきが違うように見えるんですよね。
それを先生に言ったら、人で言うところの具合が悪い顔なのかも…と(笑)
表情が無いように思えるウパも、具合が悪いとトロンとした
顔になるのかもしれませんねぇ…って、ほんとか!?(^_^;)

ちなみに、ごまちゃんの額の腫れのような症状の他に
感染症になるとどのような症状が出るのか聞いてみました。

食欲不振、下痢、嘔吐、皮膚病などだそうです。
ウパくんの下痢が感染症が原因でなきゃいいなぁ。

それから、他の子達も含めて
普段のエサの量などはどの程度にしたら理想的なのか
もう一度聞いてみたところ、
【本当は体重なんかがチョコチョコ測れればよいのでしょうが。
そうすれば、体重が大人の場合、極端な話し減らない程度に
与えていれば良いぐらいかと思います。】
との事でした。
少なめを心掛けるのがいいのかもですね。
実験的に、今後は1週間に一度のエサにしてみようと思います。
但し、まだ子供であるポテトに関しては4日に一度のサイクルのままで。

現在ウパくんは、エラをフッサフサさせて元気そうには見えます。
でも、安心せず少しの変化も見逃さないように
しっかり様子を見ていこうとおもいます。
早く完全に治っておくれ~!

ウパくん吐く…

浮かぶこともなくなり、
食欲も出てきて、4日前にエサを少なめにあげました。
キャット3粒とコリタブ1粒です。

これでもう完治に近づいたな!なんて喜んでいたのに
昨日、4日前に食べた餌を綺麗に全部吐きました>_<
ほとんど未消化で原形のキャットでした。
コリタブのほうは、型くずれしているものの
まぁ、しっかり1粒分はありましたね。

まだ消化器官が弱っているかもしれないので
一週間ほどエサをお休みして様子を見てみる予定です。
それで良いか先生に確認したところ…

【1週間様子を見てよいかと思います。
タイミングとしては、便の排泄を確認してから
次のお食餌を与えるような感じです。】

との事でした。
しかし、実は今朝しっかりウンチをしていたんですよね(^_^;)
しかも、下痢便でもなく健康的な良いウンチを。
それでも、昨日吐いたばかりだし、一週間は絶食かな。

で、原形を留めたキャットを吐いたといえば、
去年のごまちゃんです。
ごまちゃんの場合、吐いてから数日して額の部分が腫れ
感染症にかかってしまったんですよねぇ。
ウパくんは感染症ではない事を祈ります。
今のところ、腫れているって感じはないとは思うけど
気にしだすと腫れているようにも見えるし…(^_^;)

先生からは、
消化管が弱っているだけであれば
今の治療方法で改善方向に向かっていると思うが
感染を起こしているようであれば、
別のお薬も必要になってくるかもしれないとの事でした。

それから、この時期、ぷかぷか病や浮腫、感染症などの
ウパが多い原因として、先生から次のような話がありました。

【水温が低くて、代謝が低くなって、
かつ消化管の動きも低下しているのに、
食餌の量などは年間を通して変わりない方が多いように思えます。
このへんも、病気の原因になっているかもしれません。】

一応、食欲の落ちそうな冬と夏はセーブしているのですが
もしかして、それでも多いのかもしれませんねぇ。
これからは一週間に一度のエサにしようかなぁ。
その辺も踏まえて、先生に相談しながら飼育して行こうと思います。

ぷかぷか病(ウパくん)6

今日も水槽の中で浮かぶことなく
しっかり沈んでいるウパくんです。
ウパくん♪
先生から、食餌は極控えめでお願いしますと
指示されているので、今日はキャットとコリタブ1粒ずつ。
エサを食べたあとは、ヒーターの上でくつろいでいました。
ウパくん♪
極控えめってことだから、いくら1粒ずつでも
毎日あげなくていいのかも。
明日はエサをお休みさせてみましょう。

浮かなくなって、エサも食べることは食べるのですが
ひとつ気になることがあります。
それは、やたら体がピンクピンクしていること。
エサを食べたあとや、動き回っているときは
体もエラも赤みを帯びるのですが、
ほとんど動いてないのに赤いってのはどうなんでしょうね?(^_^;)
普通なら数時間経てば赤みは引いてくるのですが
今は体が火照っているようにピンク色しています。
体調が完全に戻ってないので仕方ないのかも。

ぷかぷか病(ウパくん)5

■3月24日
飼育水による換水を続けて、
今は殆どリンゲル液は残ってない状態だと思います。
点滴をはじめてから今日まで一度も浮くことなく
ちゃんと沈めるようになりました。

しかし、一時期食欲が出てきたのですが
また少し食欲が無くなってきたような気がします。
指を入れて食欲チェックしているのですが
食い付き方に迫力がなくか弱いんです。
無理強いは良くないので、今日はキャットを1粒あげました。

もしかして、狭い中に閉じこめられているストレスもあって
食欲が無いのかも?う~ん、でもそれは無いかなぁ(^_^;)

■3月25日
リンゲル液から飼育水への切り替えのための
水質調整を開始して5日目。
先生からも許可が出たので水槽に戻してみました。
ちゃんと底に沈んでいます。
水面に空気を吸いに行ったあとも、ちゃんと元にもどってきます。
浮くという問題に関しては治ったようですが、
食欲は戻らず、イマイチ元気がありません(┰_┰)
また浮いてしまう可能性もあるので、
しばらくは慎重に様子をチェックして行きます。

尚、水温の変化が発生しないように
水槽にサーモスタットとヒーターを設置してあります。
時間がかかってもいいから、少しずつでもいいから
完治に向かってくれますように。ウパくん頑張れ!!

ぷかぷか病(ウパくん)4

■3月22日
今日は、朝の水足しの時にバケツを覗いたら
「お?エサか?」って感じで顔を上げたので
もしかして食べるかも?と思い、
ダメもとでキャットを鼻先まで持っていったら
か弱いながらもパクリと食べてくれました。
朝2粒、夜1粒のキャットを食べました。
怖いくらいのガッつきはまだ無いけど
とりあえず食べてくれたので良かったです^^

今日も浮くことなく、しっかりずっしり沈んでいます(笑)
重症な子ほど、水を汚すってことなのですが
ウパくんの場合は、点滴2日目から少し液が濁り出しました。
今は、飼育水を少しずつ足しており、
かなりリンゲル液は薄くなっていると思います。
濁りもなくなり、今は透明なままを保っています。
これも体調が戻りつつある証拠かなぁ?

■3月23日
今日も朝1リットルの飼育水を足しました。
ほとんどリンゲル液はなくなり飼育水になっていると思います。
念のため、あと2~3日は飼育水で1リットル程度の換水を行い
充分水質調整してから水槽に戻そうと思います。
水槽に入れたら、思う存分動き回れるぞぉ~!
でもって、浮かない事を祈ります(^_^;)

今日も、キャットを与えたら食べてくれました。
しかし、惰性で食べているような感じもするので
無理に与えることはせず、1粒にとどめました。

点滴2日目に下痢便をしましたが
それ以降は出ていません。ウンチも出ていません。

ぷかぷか病(ウパくん)3

■3月19日
点滴2日目です。
今日は失敗がありました。
ヒーターを撤去してしまったのは
大きな間違いでした。
リンゲル液の量が少ないため
ちょっとした室温の変化でも敏感に反応してしまい
夜と昼間の水温差が3度も(-o-;
そのせいか、エサを食べなくなり元気がなくなりました。

徐々に水温を上げて、またサーモスタットとヒーターを設置。
なるべく急激に上げないようにしたけど心配(^_^;)
ジッとしていたウパくんでしたが
少しずつ動くようになり、ノソノソと動き回っていました。

■3月20日
点滴3日目。
今日は水温は19度を保っています。
サーモスタットで設定しているから当たり前ですが。
ウパくんは、今日もエサを食べませんでした。
点滴をはじめてからは一度も浮いてないので
ガス消泡剤はもう必要ないとの事だったので
とりあえずキャットを食べないけど良かったです。
(いや、良くはないんだけどね)

■3月21日
点滴4日目。
いよいよ点滴液が汚れてきたので
先生に確認したところ、少しずつ飼育水を足していき
3日くらいかけて完全に元に戻すようにとの事でした。
水槽に戻してから浮かなければOKです。

今朝は、一リットルの飼育水をリンゲル液に足しました。
また明日も一リットルの飼育水を足して行く予定です。

今日のウパくんは、相変わらずエサは食べません。
が、昨日までキャットを鼻先に近づけると
後ずさって逃げていたのですが、今日は臭いをかぎ
少し口を開けてパクっとしたので少しは良くなっているかも。

昨日は、ずっとジッとしていたのですが
深夜から朝にかけてノソノソと動き回っていました。
ヒーターとサーモを入れてあるので
コードなどが引っかかり、思うようにターンできなくて
意固地になって暴れていました(^_^;)
今のところ怪我は無いけど、ちょっと心配です。
っていうか、既にシッポが少し鬱血していたけど(泣)
もっと大量にリンゲル液を使ってあげられれば
もっと大きい病室に入れてあげられるのにごめんよ。

ひとまず、食欲は戻ってないけど
水面に空気を吸いに行っても、ちゃんと余分な?空気を
吐き出して、しっかり沈むようになったので
それに関しては良かったです^^

ぷかぷか病(ウパくん)2

昨日からガス消泡剤の投与をはじめました。
粉剤なので、ふやかした2つのキャットに
挟むようにして与えました。
薬を挟んだあとに、指で軽くキャットをにぎると
ピッタリとくっつき与えやすかったです。
とりあえず、食欲はあるのでエサと一緒に
薬を飲んでくれるので良かった(^_^;)

そして、今日から点滴をはじめました。
少量のリンゲル液で、水位もウパの体が
全部はいる程度にしないとなので
あまり大きい容器では無理です。
そこで、横長のモップ用のバケツが
調度よかったので購入してきました。
丸いバケツだと、網が大きすぎて
ウパくんを出し入れするときに不便だし。

現在、ウパくんはこんな感じで点滴中です。
ウパくん点滴中
この時点では、サーモスタットとヒーターを
入れていたのですが、撤去してしまいました。
と言うのも、ウパくんはよく動き回る子なので
ヒーターなどが邪魔になってしまうんです。
意固地になって通ろうとしたりして怪我が心配で(^_^;)

さすがに環境が変わったせいか、
今日はエサの食いつきがイマイチだったのですが
それでもちゃんと薬入りキャットを食べてくれました(笑)

現在は、ちゃんと沈んでいます。
この調子で、どんどん回復に向かってくれるといいなぁ。

あと、ガス消泡剤を飲ませてしばらくすると
口からポコポコと空気を吐くのですが
これって薬の効果なのかもですね。

まったくの余談ですが、
腹水症の初期段階でリンゲル液に入れて
点滴してあげると、しゅぅぅって感じでお腹が戻るそうです。
驚くべき効果だそうです。ただし、あくまでも初期段階なら。
酷くなってしまってからでは、そうはいかないそうです。
なので、やはり早期治療が大切なんですね。

ぷかぷか病(ウパくん)1

先日、ウパくんがぷかぷか浮いている事が
多くなったという話をしましたが、
昨晩から今朝にかけて、浮きっぱなしで
沈めなくなってしまいました。
空気を吸いに水面まで行き、そのまま沈まなくなりました。
ただし、食欲あり、嘔吐なし、下痢なしで
浮いている以外は元気?です。

今朝一番で【K's Pet Clinic】の院長に電話して
症状を説明し診断して頂きました。
空気を吸いに行った際に、誤って器官の方へ
空気を取り込んでしまっている場合は、
これと言った治療法はなく、自然治癒を待つのみとの事で、
ガスが溜まっている場合は薬の投与による治療との事でした。

ウパくんの場合、浮かんでいて時々沈むときに
下半身が浮き上がり、逆立ち状態に近い感じになるので
それを伝えたところ、下部の消化管内にガスが
貯まっている可能性があるとの事でした。
ちなみに、左側を上にして浮いているような場合は、
胃内にガスが貯まっている可能性が高いそうです。

診断の結果、ガスが貯まっている可能性があるので
ガス消泡剤の投与と点滴を行うことになりました。
ガス消泡剤は粉末のお薬なので飲ませ方が難しいのですが
キャットを水でふやかし、それにお薬を練り込み、
それを乾かしてから与える方法を教えて頂きました。
上手くキャットに薬が付着してくれるといいんだけど(^_^;)

点滴は、リンゲル液に入れる方法です。
明日、ガス消泡剤とリンゲル液5Lが届く予定なので
到着次第、治療を開始したいと思います。

その前に、まずは水温を変化させてみるように
指示がありました。最初は1日に2度くらいずつ上げて
様子を見て、それでも改善されないようであれば
今度は水温を下げて行くようにとの事でした。
今日は水温が18度でしたので、サーモスタットを使用して
とりあえず19度まで上げてみました。
そして今のウパくんは↓こんな感じです。
ウパくん♪
はい、現在はしっかり沈んでおります。
昨夜から今朝にかけてほとんど沈めなかったのに
私が仕事から戻って見るとちゃっかり沈んでいました(^_^;)
先生に直ぐに電話して再度指示を仰いだのですが
きっとまた浮いてしまうと思うので、
治療は行いましょうとの事でした。
確かに、沈んではいるけど、時々浮き気味になります。
当たり前ですが、まだまだ完全復活とは言えませんね(泣)

それから、ウパは自分の意志でずっと浮くことは出来るのか?
(浮かびたいから浮いていよう~♪みたいな事)
と先生に聞いたところ…

決してそんな事はないので、ぷかぷか浮いている場合は、
どこかしらに大小の問題を抱えているとの事でした。
やっぱりそうなんですねぇ…。
「きっと浮いていたいから浮いているんだなぁ」なんて考えは
人間の勝手な都合の良い思い込みなんですね。反省です。

そして、先生からのウパ飼育者皆様へのメッセージを…
季節的にここ最近、感染症やぷかぷか病、浮腫などの
ウパの患者さんが多いそうです。
重症の状態で治療をはじめても、手遅れの場合が多いので
本当に初期の段階で、診察・治療して下さいとの事でした。

先生は病気などの心配や問題について
快く受け入れてくれると思うので
少しでも心配な事がありましたらメールや
お電話で問い合わせてみて下さいませ!
そして早期発見、早期治療を^^

ウパくんも必ず完治しますようにっ!

ポテトの下痢 4

昨日、18日ぶりにポテトがウンチをしましたっ!!!
やったぁ~~~~!!!!かなり嬉しいです♪
ひとまず、これで腸閉塞ではない事が証明されました。
ほんと良かった、良かった^^

食べている量が少なかったため、
驚くほどの大きさでは無かったけど(笑)
それでも健康的な良いウンチです。
ポテトのウンチ
仕事から戻って、これを見たときは
飛び跳ねて喜んでしまいました(^o^;)

来週から徐々に普通のエサの量に戻して行く予定です。
今日はエサの日なのですが、気持ち少なめに与えよう。

ご心配して下さった皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

ポテトの下痢 3

最後に下痢っぽいウンチをしてから
既に17日間ウンチが出ていません。大丈夫なのか?>_<

エサを控えめにして普段の半分くらいしか
与えていないのでウンチが出ないのか、
普通にエサを与えた方がよいのか先生に相談したところ…

『お腹を休めていたので、
急に元通りの食餌にはしないほうが良いですよ。徐々に!です。
まだ、お腹がゆっくりと動いているのだと思います。
腸閉塞は、この子達は多いような気がします(^^;
お気をつけください。』

との事でした。
なので、今はゆっくり胃腸が動いているのかもですね。
もう少し様子を見てみようと思います。心配だけど(^_^;)

家のウパの中では、比較的ウパくんが便秘症なのですが
ウパ君の便秘日数の記録を既に更新しています。
早くウンチをして安心させておくれ、ポテトぉ~!

今日もエサを食べたがったのですが
徐々に与えていくってことなので我慢してちょ>_<

ポテトの下痢 2

ポテトの下痢のその後ですが…
下痢が一週間続き、その後一週間はエサを控えて
様子をみたところ、下痢は止まりました。

しかし…
今度は便秘なのか2週間ウンチをしません>_<
エサを与え始めて一週間経ちますが出ていません。
それでもエサはすごく食べたがります。
でも、ウンチも出ないのにあまり食べさせても
お腹にガスでも溜まりそうで怖いです(^_^;)
なので、まだエサは普段よりも控えめに与えています。
まさか下痢のしすぎで腸閉塞なんて事は無いだろうなぁ…。
一応先生にも相談してみる予定です。
病院が近ければ直接連れていって診て貰えるのに。

明日こそ健康なウンチをしてくれるといいなぁ(^o^;)

そして、今日のポテトです♪
ポテト♪
ポテト♪
見た感じは異常もなく元気で食欲もあるんだけど、
こうも長くウンチが出ないと…ねぇ(^_^;)
まぁ、ウパくんも2週間くらいウンチをしなかったこともあるし
そのうち驚くほど大きいウンチをしてくれるかな!

ポテトの下痢 1

先々週、ポテトが一週間下痢続きでした。
最初の3日間は1日に2度の下痢便をしました。
次の2日間は1日一度の下痢。
その後は、エラと体を真っ赤にして気張っているのですが
便は出ず、粘液のような白い物が少しでました。
下痢が始まってからエサをかなり控えていたので
そのせいもあって下痢の回数が減ったのかもしれません。

これだけ下痢が続くのは初めてだったため
心配でクリニックの先生に相談しました。

下痢の原因として…
この子達の場合考えられるものとして、
寄生虫、食事内容、環境温度などの変化、異物の摂取
などがあるそうです。
それと、下痢が酷くなると人間と同じように、
腸閉塞などを起こす可能性があるかもしれないので
気をつけないと!との事でした。

ポテトのエサのサイクルと量は、
4日に一度キャット4粒とコリタブ1粒です。
なので、エサの食べ過ぎは考えにくいんですよね。
誤飲も、寄生虫が入り込むような要素もないし。
下痢になる一週間くらい前に、春の陽気のせいで
普段より水温が2度ほど上昇した時があるけど
ポテトはいつも通り元気だったしなぁ。
それとも水温変化による体調不良が一週間経って現われたとか?(^_^;)

先生からのアドバイスは、
『しばらく食餌をひかえて、
お腹を休ませる必要があるかもしれません。
とりあえず、1週間ほど。
それから、少しずつ食べさせてみて、
下痢するようならさらに休ませるか、
便の検査をしたほうが良いかもしれませんね。』
との事でした。

まずは一週間エサをお休みして様子を見ました。
下痢は出なくなり、エサを食べてないので
もちろん普通の糞もしていません。

そして今日、一週間ぶりにエサをあげました。
普段よりも少なめに、キャット3粒とコリタブ1粒です。
前ほどの迫力は戻らないけど、一応ちゃんとエサを食べました。
それでも、やはり元気がないような気がします。

ちょっと気になることがあるのですが、
ごまちゃんが発情して、のりちゃんを追いかけまわす時のように
ポテトも肛門部分をパンパンに膨らませて泳ぎ回ります。
もしかしてポテてぃんも繁殖期で発情しているのかな?
繁殖期はエサ食いも落ちるって話も聞くし…。

う~ん、どっちにして病気じゃなくて
そういった生理現象ならいいんだけど(^_^;)

今のところ外見的には異常は見られません。
よく考えるとのりちゃんも去年の冬は元気がなく
エサも惰性で食べていたって感じだったなぁ。
冬に病気ではないけど大人しくなる子っているのかな?

今度糞が出来るときは下痢じゃない事を祈ります。

それでは最後に今日のポテトです♪
ポテト♪
こうやって見ると、既に水槽の奥行きの長さより
少し大きくなってしまったので窮屈そうですね(^o^;)

水槽を覗くとダッシュして近寄ってくれるポテトに
早く戻っておくれよ!^^

診療部屋の更新

診療部屋に下記の2つの症例と治療例を掲載しました。

■『桜花ちゃんの怪我』をアップしました。
 ルパくん同様、血管を切断してしまいましたが
 見事に回復&完治した桜花(さくら)ちゃんの症例と治療例です♪
 情報(資料)提供してくださったいちこ様には心より感謝致します^^

■『チョメちゃんの病気』をアップしました。
 皮膚病を発病してしまったチョメちゃんの症例と治療例です♪
 情報(資料)提供してくださったきく様には心より感謝致します^^

今後も色々な症例と治療例を掲載していきたいと思っております。
私自身は勿論、他の皆様にとっても、もしもの時にとても役立つので
様々なケースを集めていきたいと思っています。
皆様からの情報・資料提供をお待ちしておりますので
何かございましたらメールや掲示板でお知らせ下さいませ。
どうぞ宜しくお願いしますっ!m(__)m

卵巣疾患について

家のウパくん、今でも時々タマゴを2粒くらい産みます。
サイクルで言うと……2ヶ月に一度くらいかなぁ。
忘れた頃になると、1~2粒のタマゴが落ちているんですよね(^_^;)

まだお腹にタマゴを抱えているのか?
だからお腹が大きいのかな。
産まなかったタマゴは体内に吸収されてしまうという
話を聞いたこともあるけど、どうなのでしょうね?

過剰な産卵は、卵巣疾患の兆候でもあるそうです。
発情も過剰なはずなので、それを抑えることも必要となります。
例えば水温の変化とか、オスを一緒にしないとか。
ウパくんは卵巣疾患じゃない事を祈ります。

現在、タマゴをたくさん産卵しても良いように
ちょっとだけ人工プランツを入れておきました。
正常な産卵なら、この程度のプランツでは足りないかもですが(^_^;)
ウパルパ水槽♪
それから、昼と夜の水温差が2度くらいあるときは
ウパくんは落ち着きがなく、一日中動き回っているので
水温差も殆どでないように窓の開け閉めなどで調整しています。
もしお腹にタマゴを抱えているなら、
全部産んじゃってくれるといいんだけどな。

それから、オスとメスのペアで飼育している丸美屋水槽にも
人工プランツを入れておきました。
丸美屋水槽♪
繁殖期にはセパレーターで仕切ってしまおうと考えていたのですが
仕切を入れたくらいでは相手の気配まで消せないので
可哀想かもしれないと言う話も聞いたので、
とりあえず現段階ではそのまま一緒に飼育しております。
でも、実際産卵したらどーしようって状況なので
冬から春にかけては、完全に別水槽で育てた方が良いのでしょうね。
う~ん、未だに悩み中>_<

エラの血管?

エラから血管が出ているウパって
そんなに珍しいものではないのかも?と思えるくらい
家のウパくんと同じように血管が出ているウパちゃんが
複数いるようです。
調べたところ、現時点ではその血管を傷付けない限り
何か問題があるということは無さそうです。

これ↓が、ウパくんのエラから出ている血管の状態です。
エラの血管
この画像をクリニックの先生に見て頂いたところ
かなり太いので怖いとの事でした。
要するに、この血管を傷付けてしまったら
ルパくんのように出血多量により命を落とす確率が
高いって事なんでしょうねぇ…(-o-;

先生の推測では、水質が関係しているとの事でしたが
ここまで太い血管の場合は、換水くらいでは
なかなか小さくならないかも…との事。

水質が関係しているなら、何がどうに作用して
何で血管が出てくるのか先生に聞いてみたところ…


鰓の血管についてですが、これも僕の勝手な推測ですが。。。
形態と機能から推測するに、水質の悪化(この子達にとっての悪化)によって
一番ダメージを受けやすいのが、体表、しかも体表面積が大きくいっぱいある
鰓だと思います。鰓の細胞自身がダメージを受けて、ふさふさの数が少なくなる。
これが形態。で、機能は、要は鰓は、水中の酸素を取り込むための器官ですから、
その必要性が、水温変化などによる溶存酸素量などの増加で無くなってきて、
ふさふさの数がこれまた少なくなる。これらの理由でふさふさが少なくなる。
で、今度は、ふさふさが、水質の改善や水温の変化によって再生しようとしたときに
過剰に反応してしまって、通常よりも大きな血管ができてしまう。
一生懸命、失われたものを元に戻そうとしたり、補おうとして過剰反応を示す。
人でも、様々な場合にありますよね?例えば、アレルギーも過剰に反応すれば
アナフィラキシーショックとなって死んでしまうこともあるし
(蜂などにさされて死ぬ例など)、
物書きのし過ぎでもペンダコってできますよね。
これも、皮膚が過剰に形成された結果ですよね。
おそらく、水換えをちゃんとして、水温を20度ぐらいで、周年キープできれば
鰓についての問題(病気・トラブルなど)はグッと減るのではないかと思います。


との事でした。
う~ん、しかしながらウパくんは周年エラはフサフサで
乏しくなった事がなく、過剰反応したって事はなさそうなんだけど。
でも、どこかで過剰反応していたのか!?
原因が断定できないので対処のしようがない!>_<
もう手術以外に血管を小さくする方法は無いのかな?

それから…
溶存酸素量の増加で、フサフサの数が減り少なくなるって説。
これは私も以前から思っていた事です。
酸素が豊富にあれば、外鰓は小さくても
充分に酸素補給できそうだから、
むしろ溶存酸素量が少なめの方が、たくさん空気を取り込もうとして
エラはどんどん立派になるのではないか?と。
しかしながら、エアレーションを多めにしてあげると
エラがフサフサになるって説もあるし(笑)
ただ、極端に溶存酸素量が少ないと、今度は肺呼吸に頼るようになり
エラはどんどん後退してしまいそうなので
微妙な加減なんでしょうねぇ。難しいけど(^_^;)

このエラの血管の出没原因が、水質改善や
酸素を取り込もうとするための過剰反応だとしたら
常に水質を正常に保ち(数値に拘らずウパから見た正常な状態)
溶存酸素量を程よく保つようにすれば出てこないって事になりますよね?
(溶存酸素量はふんだんにあった方が良いって事ですよね?)
それにしても、数値的には異常がなくてもウパから見て
悪化している状態って…一体…。
ウパ達自身が、何をどうして欲しいって
言葉で言ってくれると助かるのに~(^o^;)
まぁ、そんな非現実的な事を言っても何の解決にはならんが(泣)

う~ん、このエラの血管について、
自分なりの推測をお持ちの方がおりましたら
ぜひとも掲示板や、プログのコメント欄にて発表してくださいませ!
一つの推測で考えるより、色々な推測を集めて考えた方が
真実に近づける可能性が高いかもしれないのでm(__)m

ちなみに、今はバケツ(12リットル)一杯分の
換水を毎日行っています。(ウパ達の水槽3本を全て)
血管を小さくするためってより、これ以上血管が太くなったり
増えたりしないようにするため。

エラの血管?

ルパくんはエラから出ている太い血管を切ってしまい
大量出血して、それが元で亡くなってしまいましたが
その恐ろしい血管が、ウパくんとのりちゃんにもあります>_<

本来であれば、自分の持っている止血因子の作用で
正常に止血されるはずなのですが、
それ以上に損傷した血管が太すぎたりした時に
止血できないことがあるんですよね。
この血管は手術で取り除けるそうですが、
麻酔を使うので、それなりのリスクがあります。
薬浴なんかをしていると太い血管が消えることがあるそうですが
確実に消えるのでなければ、病気でもないのに薬浴したくないし。

ルパくんの事があるから、ウパくんやのりちゃんが
血管を切らないか心配で堪りません。
もしもの時のために、自宅でできる止血方法を
先生に聞いておきました(^_^;)

犬猫用のクイックストップ(粉状です)を
水から引き上げて使用するか、
瞬間接着剤を急いで使用するか、
しばらくの間ぎゅっと抑えるか、など。
焼烙(線香とかでも)もよく使われる手ですが、
如何せん刺激が強すぎるので逆に暴れるので危険との事(^_^;)

「太い血管」を作らせないこと!これに尽きると思います。
では何故血管が出てくるのか??
先生が推測するに、水質に関係するものかもしれないって。
数値的にはまったく問題ないので、それを伝えたのですが

『数値ではわからない部分なのかもしれません。
数字にとらわれずに、「きれいな水」を保つこと。
自然界ではかなり「きれいな水」のところに住んでいるはずです。
かつこの子達の排泄物は、毒性が高いので、
狭い空間であればそのダメージも思いのほか
受けやすいのではないでしょうか。
僕らが見てきれいと思うような水でもこの子達からすれば、
排泄物などの毒素が有るのかもしれません。』

との事でした。
また、糞よりも、尿の毒素のほうが両生類は脅威だそうです。
なので、糞で汚れたと考えるよりも、尿量で考えた方が良いらしい。
けど、どうに尿量を計るのだぁ~ヽ(´・`)ノ フッ…(笑)
ちなみに、アンモニアも検査したけど、ほぼゼロっす。

それにしても、同じ環境にいるごまちゃんは平気だから
原因が何かまったく分りません。
水質が原因ならば、何がどうに作用して血管が出てきてしまうのか
その辺が分れば何を改善したらいいのか見えてくるのに!
と先生に言ったら、また後日教えてくれるそうです。
質問攻めでごめんね、先生(^_^;)

ごまちゃん復活!

全快の一歩手前くらいまで
復活しました…ごまちゃん!!!o(*^▽^*)o

先月の19日あたりが一番コブの腫れもピークでした。
当時の画像がこちら。
ごまちゃん
ボッコリと額に痛々しいコブが出来ています。
額だけでなく、この頃は顔全体が腫れていたかも>_<

そして、昨日のごまちゃん画像はこちら。
ごまちゃん
額のコブはすっかり退きました^^
コブがあった部分が白っぽく見えますが
これは、他の部分も白っぽく見えるところがあるので
コブの名残とは違うと思います…多分(^_^;)

前から見てもこの通り!
ごまちゃん
吊り目で爬虫類の様な顔だったごまちゃんも
すっかりウパらしく可愛いごまちゃん顔になりました(*^^*)

そして今日…
前のようなごまちゃんに戻っていました!
仕事から戻って水槽を覗くと、餌くれダッシュをして
私のところまですっ飛んできてくれました(嬉泣)
ごまちゃん
うんうん、ごまちゃんはこうでなきゃ!
このまま元気になっても大人しくなってしまうのかと
ちょっと心配だったけど、わんぱくなごまちゃんに
戻ってくれて本当に良かったです^^

応援して見守ってくれたみんな、ほんとありがとうです!

薬浴終了~♪

今日はごまちゃんの反応が抜群に良かった!
前のように私の指にも噛みつくし、
食いつきも戻りつつあります。良かったぁ^^

コブも殆ど分らない程度になりました。
それでも、まだ見る角度によっては
「ん?腫れているかな?」くらいは微妙に出ているかも。
白っぽかったコブも、今では周りの体色の色と同じになりました。

今日のごまちゃんの様子を先生に報告して
薬浴は続行するのか確認したところ…

『薬浴終了で、様子を見ましょう』

との事でした。
わ~い、やっと薬浴が終ったぞぉ~>_<
12日間よく頑張ったね、ごまちゃん!
よく頑張ったよ、自分!(おいっ)

でもね、もう敏感で怯えているようなごまちゃんじゃなく
元気なごまちゃんに戻りつつあったから
私が触れても嫌がらなくなったので
最近は薬浴もラクだったのよぉ~(笑)

このまま完璧に完治してくれますように☆彡

検査結果の続き

ごまちゃんの検査結果の続きです。

検体の殆どが体毛で構成されていたってことでしたが
タオルや毛布の繊維の可能性はないか確認したら
人工的な繊維とも異なるそうです。
先生も、細かい検査をしていないので
正直よくわからないそうですが、
問題とするものではないので、心配ないとの事でした。
心配性の私をよくご理解していらっしゃるようで
どうしても心配ならば便の検査をしますか?と(^_^;)
先生も心配するような物ではないと言っているので
今のところ検便は見送ります。
しかしながら、健康診断を目的として
一度ウパ達の検便を頼もうかとも考えています。
できたらウパ達を連れていって健康診断をお願いしたいんだけど
簡単に連れていける距離じゃないのが残念です>_<

今日のごまちゃんの状態を先生に報告したところ
もう少しのようですね、がんばりましょう!との事でした^^
(元気に動き回るようになりましたよ~♪
まだ微妙にオデコが腫れているかな?くらいです。
負傷した部分は、凹んでますが1mm程度の大きさです。)

今日で1日1度1時間の薬浴は10日目です。
あと2日分のお薬が残っています。

検査結果

一昨日、ごまちゃんの膿検査のため
検体をクリニックの先生に送りました。
昨日、その検査結果が出て報告を受けました。

『小動物の体毛がたくさん観察されたので
おそらく排泄物の一部だと思います』

とのこと(-o-;
やはりな。
膿?の固まりって断言できなかったし
お尻からも同じような物体が出ていたので
もしかしてそれかな?とは思っていたのですが。
もし膿なら、白血球などの細胞が見られますもんねぇ。

腫れもひいてきたので、もう膿?は出ないと思うけど
もしまた出るような時は、確実に採取しておこう。
膿なのか、他の体液なのかハッキリさせるまでは心配だし(^_^;)

しかしながら、我が家にはウパと魚以外の小動物は
飼っていないのですが、一体何の体毛???
そのあたりも先生に質問してみたら…

『ミミズ型ではなく、片方は細くなってもう片方は根がある
ような、いわゆる体毛の形をしていました。
正直何の体毛かについてはわかりかねます。
排泄物であれば、間違いなく食事中に含まれるものと思います』

との事。
さすがにウパの体毛ではないですよね(笑)
う~ん、本当に排泄物なのかも確定できないのですが
一体何の体毛だろう…気になる(^o^;)
もしかして、タオルや毛布の繊維ってことはないのかな?

それと、雑菌や微生物もいたことはいたそうですが、
これに関しては、採取してから数日がたっていることと
水の中で採取したこともあり、他からのものかもしれないので
除外したとの事でした。


さてさて、ごまちゃんですが…
あまり動かなかったごまちゃんが
昨日から活発に動き回るようになりました。
今日のごまちゃん画像です(↓)
ごまちゃん♪
ごまちゃん♪
元気は出てきているようですが
まだ以前ほどの勢いはないです。
水槽を覗くとダッシュして近寄ってくるごまちゃんに
早く戻っておくれ!

それから、今日はジョイフル本田へ行って来ました。
真夏日が続き、水温も上がり、
水中内の酸素量が減っていると予想されるため
ごまちゃんの病室のエア強化のために
何か程よいものが無いかと物色。(笑)

あまりこれだって物が無かったのですが
とりあえずコーナーに設置できるフィルターを買いました。
シャワーパイプもついており、水面より上に出すようにすれば
そこからも多少は空気を取込めるので。
今まで入っていた投げ込み式フィルターを撤去して
コーナータイプの水中フィルターを設置しました。
あとは、気泡の細かいエアストーンを設置。
気泡が細かいほうが、酸素も溶解しやすいし。

現在のごまちゃんの病室はこんな感じです。
病室
コンパクト冷却ファンも設置してあるのですが
小さいながらも効果を発揮してくれています♪
昨日今日は最高気温が36度だったので
部屋のエアコンも稼働してあります。
エアコンとコンパクト冷却ファンのW効果で水温22度。
ごまちゃん快適そう(*^^*)
ちなみに、私の部屋にあるグッピーべいべ~水槽は
冷却ファンは設置していないけど、エアコン効果で
水温は25度。こっちも快適快適(*^^*)

薬浴続行

ごまちゃん、かなり良くなってきました。
餌くれと、水槽を覗くと反応するようになりました。

餌を食べるようになったごまちゃんですが
さすがに私もこの時期に普段通りの
食生活をさせようと思いません。はい。

免疫力を高める漢方薬や整腸作用のあるものが
配合された流動食を処方されてあり、
できたらこれを与えられれば良いってことでしたが
胃ゾンデの使用は無理。

しかし、体力をつけさせるためにも
全然あげないわけには行かないと思うので
どの位の量を与えたら良いのか
ごまちゃんの先生に相談したところ、

お食事は、しばらくの間は少量を細かく与えたほうが良いでしょう。
ただ、絶対に無理をしないということです。
今は、すこし足りないかな?というぐらいの
気持ちのほうが良いかもしれません。

との事だったので、今日も一粒与えただけです。

昨日のごまちゃんはこんな感じです。
ごまちゃん♪
ストロボにも動じなくなったので、
これはストロボを炊いて摂っています。
多少、腫れは残っておりうっすら赤くなっております。
血や膿?は、一昨日から出ていません。

それと、やはり額のコブだけではなく、
アゴの下も腫れていたことが分りました。
現在は、すっかり腫れもひきアゴは元通りの形になってます。
(もしかして痩せてスッキリしているだけかもだけど)

薬浴のお薬(6日分)が今日で終る予定だったのですが
もう少し薬浴は続けた方が無難との事だったので
早速処方して頂き、本日また6日分のお薬が届きました。
皮膚消毒薬
治療費明細書
名前にちゃんと「ごましお」って名前が入っています。
ルパくんの時は、名前すら伝えないうちに治療が始まったので
「ウーパールーパーちゃん」と入っていました(^_^;)
ちゃんと名前を入れてもらえて嬉しかったぁ。詰まらないことかもだけど!
まぁ、薬や治療明細書なんて、もう欲しくないけど…。

それと、昨日はルパくんの2歳の誕生日でした。
生きていてくれたら2歳だったね。おめでとう!!って言いたかったな。

あと、先週の日曜日はルパくんの月命日だったので
妹と姪っ子と三人でお墓参りに行って来ました。


う~ん…なんかね…
日記が書きづらいのよ。やたら書きづらいのよ。

感涙

【6月21日】
流れ出て固まった額の膿が取れたら採取して
先生に送って検査してもうらおうと思っていたのですが…・

午前4時ころにふと目がさめてごまちゃんの病室を覗くと
ノソノソと元気に動き回っているじゃないですか!
それはすっごく嬉しいけど、嬉しいんだけど
もしかして…と思い、額をチェック。

やはりな…膿は既に取れて無くなっているし。
嬉しいけど複雑。
だって、今回の症状の原因を探るヒントになったかもしれないのに!
それに、白いドロドロの正体も分らないと不安だし。

それでも、水中内を隅々までよ~くチェックしたら
それらしき物体を発見しました。
もしかして、別物かもしれないけど
一応採取して現在冷蔵庫に保管中です。
これを何か良い容器を探してクール宅急便で送る予定です。

仕事から戻り、恐怖の薬浴を行いました。
今日は見事に成功した!!!!!
無事に薬浴を終え、水槽に戻すまでスムースにいきました。
ごまちゃんも毎日の日課を覚えてくれて慣れてきたのか(違う?)
私も、どうやったら刺激を最小限に抑えて行えるのか
日に日にコツがわかってきたし笑)

膿のようなものが出たせいか、腫れがかなりひきました。
これで完治に向かってくれると嬉しいのになぁ。

額を怪我して血と膿?が出たときに
またその傷口から感染が起きないか心配だったので
塩を投入した方が良いか先生に確認したところ…

『塩は脱水を助長させる恐れもありますし、
1日1度の薬浴もしているのでそのままで構いません。』

との事だったので、特に何もしていません。

餌は今日も拒絶されました。絶食状態9日目。
この子達は、人間と違ってある程度の絶食には耐えられるので
焦らないほうが良いとのこと。
でも、食べないと体力付かないじゃん(素人考え/泣)


【6月22日】

今日は昨日よりも腫れが引いている気がする!
顔つきも、最初の違和感を持った頃に戻りつつあります。
そう、ウパらしくなってきました。脱・爬虫類顔です^^

仕事から戻り水槽を覗くと、直ぐに顔をあげておでむかえ。
ありがとうよぉ~~ごまちゃん!
ただいま!ってことで、手を殺菌消毒して指を近づけてみると
久し振りに私の指の匂いをクンクン嗅いでくれました。
私の指を拒絶しなかったのは1週間ぶり(嬉)

それだけでも嬉しかったのに…
ダメもとで、元気度チェックのためキャットを
与えてみたら、パクっと食べてくれました(┰_┰)
あまり一気に与えるのも良くないので
今日は2粒与えてやめました。ほんと嬉しかったよ。
母親も、一緒になって「良かったね!良かったね!」を連発(笑)

けど、まだ安心はできません。
吐くかもしれないし、未消化で出るかもしれないし>_<
ちゃんとした糞をしてくれると少しは安心できるけど。

でもね、餌を口にしてくれたってことは
回復に向かっているってことですよね?
明日はもっと回復して元気になっておくれ^^

食後の休憩を一時間して、その後恐怖の薬浴(笑)
ドキドキしながら処置したけど、今日も成功!!!
少しはジタバタするけど、前ほどは暴れなくなり
ちょっと大人になったごまちゃんなのでした(^o^;)

打撲と違う

今回のごまちゃんのコブは
どうやら打撲じゃないらしいです。
これだけ腫れる場合、かなり強く打ち付けているはずだから
腫れている部分が赤黒くなるらしいです。
(もしかして赤黒いのかもですがブラックなので不明/汗)

体調が悪く、常駐菌に感染されたらしいです。
ウパって強いようで実は弱いらしいです。
足が切れても、尻尾が切れても、その再生能力は
長けているけど、感染症にはめっぽう弱いらしい(-o-;

確かに、未消化のキャットを6粒も排泄したり
反応が悪かったりと、どこかおかしかったんですねぇ。
餌を食べているから安心していたら甘かった!
お腹の調子や、食べたあとの便にも気を遣わないと。

昨日、今日のごまちゃんの様子は下記の通りです。


【6月19日】

腫れがどんどん酷くなり、まるでイルカのオデコのようだ。
病中のごまちゃん

本日から、クリニックで処方された皮膚消毒薬を使った
薬浴を開始。1日1度1時間の薬浴。
現在、かなり敏感になっているので、少しの刺激でも
ビクっとする。なので、薬浴なんてのはもの凄い衝撃らしく
薬浴用のバケツに移すときと、水槽に戻すときに
思い切り暴れられた。ひっくり返って暴れているほど(泣)
5分も経てば大人しくなるんだけどね…でも心配。

ストロボを使った撮影は刺激が強すぎてモガくので
フラッシュ禁で撮影しているのでいまいちピントが合わないけど、
薬浴後の大人しくなったごまちゃん(↓)
病中のごまちゃん
額がやたら腫れているせいで、瞼(無いけど)が下がっており
形相はウパってより爬虫類になっている(泣)

ほとんど動かないけど、2~3時間に一度くらいは動く。
やたら動き方が変だし、変な格好する。
同じ症状が出たウパちゃんの闘病記を読んだけど
本当にそれとすっかり同じ。
たとえばこれ(↓)やたら仰け反って頭を持ち上げている。
病中のごまちゃん
(ごまちゃん、ごめん!ストロボ焚いちゃった)

昨日はそんな感じでした。


【6月20日】

今日も相変わらずコブは腫れている。
それでも、何となくよく動くような気がするし
回復している?と思わせるような雰囲気。

昨日の薬浴のときは参ったので
なるべく刺激を与えないように試行錯誤して
薬浴を開始。(網を加工したりして工夫した)

やったーーーーー!
大人しくバケツにはいり、1時間の薬浴開始♪
病中のごまちゃん
昨日は、このバケツの中で5分くらいグルグルと回って
暴れていた。しかも、時にはお腹を上にして。
まるで子供のだだっ子のようだった。
どうしようと焦ったけど、少し経ったら落ち着いたのでホッ。

薬浴終了。
細心の注意をはらい、刺激をなるべく与えないように
水槽に戻した。成功!!!!!


………と、思いきや


水槽にそうっと戻して直ぐに
珍しく空気を吸いに行ったごまちゃん。
空気を吸ったのち、急降下してくるもんだから底に激突。
それに驚いてあちこちに激突。

体中緊張の汗をかきながら
慎重に慎重を重ねてやっとこ水槽に戻したのに……

額が割れてがっ!!!

太い血管を切ったわけじゃないから止血するだろうけど
ルパくんの事があってからウパの出血には敏感な自分。
倒れそうになりました(^_^;)

血は直ぐに止ったが、
その傷口から白い膿?が流れ出した。
動くたびに流れ出すので、額からアゴの方まで垂れて
鼻がくずぐったいのか、流れているのが気になるのか
口を薄く開けてパクパクする。
膿を食べるなら餌を食べてくれ!(切実)

ストロボ禁でピンボケなので分りづらいけど
額に白っぽい突起があるのが分ります?
病中のごまちゃん
現在は、ごまちゃんもジッとしているので
膿?は固まり白い突起物のようになっている。
中味が出たせいか、心なしか腫れが引いた気もする。

もしこれが本当に膿であるなら
出てしまった方が完治は早いとのこと。

先生より、

「もしそのもの自体が採取できたら、
こちらにお送り頂ければ、膿であるか検査できますし、
原因を探るヒントになるかもしれません」

との事だったので、ぜひ検査して頂いて
実際にごまちゃんに何が起きているのか
原因は何なのかを知りたい!!!
その辺の事が分れば進歩のような気がする。
採取方法などを聞いて、
可能な可能な限りサンプルを提出したいと思います。
今後のウパの治療に役立ってくれればいいなぁ。

カメラを構えたらちょっと反応してくれたごまちゃん。
でも、ちょっと近づきすぎ(^_^;)
病中のごまちゃん
この画像も病気の時じゃなきゃ、
かなり可愛いと思ってしまうのに~
ピンボケだけどさ。

ふぅ…今日で一週間餌を食べてない。

病名確定した…かも

昨日、色々とネットで検索して調べていました。
ウパについては、これだと言う情報が無かったので
サンショウウオの仲間なんだから同じ様なものがあるだろうと
サンショウウオについて色々と調べてみました。

妹が冗談で言った「思春期」と言う言葉が引っかかったので
もしかして繁殖期で何か異変が起きたのでは?…と。
(ごまちゃんがおかしくなり始めたころ、気温差が激しく
一気に5度くらい水温を降下させてしまったことがあり
それに反応したごまちゃんが、冬が来たなと思うべな~
って感じで、もしや繁殖しようとしたのでは?という単純な考え/汗)

結果、サンショウウオの繁殖期のオスは
容姿にかなりの変化があることが分りました。
エラがはり頭がごつくなり、尻尾は扁平になり
体も水が溜まったようにブヨブヨになるんです。
画像を見てビックリしたほどの変化。

もしかして、ごまちゃんもこれか?と思い
クリニックの先生に話をしてみると、
両生類の場合、繁殖期にがらっと形態が変化する種類もいるし、
繁殖期であるなら食欲がないのも頷けるとの事でした。

だから、きっとこのコブも季節はずれの繁殖期を迎えたごまちゃんが
メスにアピールして、他のオスを寄せ付けないために(これは私の推測)
貫禄をつけて、いっぱしの男の子になったに違いない!
ああ…それなのにのりちゃんとお見合いさせてあげられないし
ごまちゃんの空回りになってしまう…ごめんよ。
なんて、ブルーだった私の気分が少し浮上しました。

でも、甘かった!

異変は突然やってくる。

昨晩は、腫れている部分が少し変色していました。
少し赤っぽい気もするので、もしかして内出血しているかも?
ごぶの変色
昨晩の段階では、繁殖期には体色も変える種類もいるらしいから
きっとそうに違いない!なんて間抜けな考えをしていた自分。

それでも、心配だったので仕事がお休みなのに
やたら早起きしてごまちゃんチェック。

ショックです…。

カビ?

もしやこれって…カビ!?

横からみた物体はこんな感じです。
カビ?
フサフサとカビらしいものが生えているのが分りますか?
これらの画像をクリニックの先生に送り見て頂いた結果
やはりカビだと思われるそうです。
皮膚の分泌物の可能性もあるそうですが、
いずれにしても感染を受けているので対処しないといけないとの事。

昨日、サイトを閲覧してくださっている方から
一通のメールを頂きました。(ありがとうございます^^)
症状がほぼごまちゃんと同じのウパさんで
そのウパさんの症状発症から治療と完治までの経過を
詳しく教えてくれたのです。
その方は、魚類用のグリーンFゴールドを微量使用した薬浴で
すっかり完治させ今では元気に育っているとのことでした。

念のため、クリニックの先生にグリーンFゴールドを使用した薬浴を
行って良いか確認しました。

結果、グリーンFゴールドを使っても構いませんし
ごまちゃんの場合はルパくんの時のように傷口が開いて
大量の出血をすると言うこともないので、
経口的に投薬もできます(私が胃ゾンデを使えるという前提/泣)ので
抗生剤・抗真菌薬・流動食をお送りすることもできます…との事。

口から薬と流動食を飲ませられれば一番良いのでしょうが
やっぱりどうしても胃ゾンデの使用は無理なんです>_<
でも、命がかかっているならやるしかないのですが。
胃ゾンデの使用を失敗して、そのせいで命を落としたら
私は立ち直れないかも>_<

傷以外に感染症を併発しているなら、
これ以上の拡大を抑えたいので
グリーンFゴールドによる薬浴を開始しました。
魚用の薬でもあり、両生類には多少強いので
低濃度(規定量の半分位)で良いとの事でしたが
3分の1程度の量で様子を見ながら薬浴しています。
黄色い粉末の薬なのですが、うっすらと水が
黄色くなった程度です。

午前中から薬浴を開始して、
夕方チェックしたら、何とカビが消えている。
腫れと、白っぽく変色しているのは変化なし。
カビが消えた!
カビが消えた!
隔離するときの移動中に網で擦れて取れたのか?
と思うくらい短時間で消えました。ちょっとビックリです。
カビが発生してあまり時間が経ってないうちの薬浴だったからなのか
それとも、微量の投与だがこれでもまだ薬が強力だったのかも?
と心配になり足し水をして薬を薄めました(^_^;)

感染症拡大防止のため、グリーンFゴールドを少量使用した
薬浴を行っていますが、やはり魚類用の薬なので心配はぬぐえません。
よって、先生に両生類用の抗生剤・抗真菌薬を処方して頂きます。
可能ならってことで、一応経口による投薬剤と流動食も。(多分私には無理)

ごまちゃんは、相変わらず餌を食べません。
与えようとしてキャットを鼻先に近づけると
ビクっとして後ずさり…その辺の改善はまだ見られませんo(;△;)o
薬浴中は餌は食べないらしいので、餌を与えるときは
普通の飼育水に移してから挑戦してみたいと思います。

今回のごまちゃんの病名は…
打撲による腫れ。傷口から感染症を併発したので
殺菌性感染症(皮膚炎)…ではないかと思います。

嫌われている?

今日、ひしひしと感じたのですが、
もしかして、私ってごまちゃんに嫌われている?(泣)

水槽を覗いたり、手を入れたり、
少しでも触ろうものなら、ビクっとして後ずさりして逃げる(-o-;
気配を感じると、後ずさりして逃げるんですぅ~>_<
もしかして、私がイヤで餌を食べないのかも?と思い
口元にキャットが落ちるように入れてみたけど
キャットが触れるだけでもビクっとして後ずさり…。
どうしちゃったのだ?ごまちゃんよぅ。

何かよっぽどショックなことがあったのかなぁ?
暴れて痛い思いしたとか…。
いや、その程度で餌を食べなくなるような
ごまちゃんじゃないと思うけど。

妹が「思春期か反抗期なんじゃん?」と言っていたけど
ウパにもそんなもんがあるのか!?
でもって、頭のこぶ?も大人になった証しで
男らしくなったとか???実際問題どうなのよ?
そんなことってあり?(^_^;)

一応、心配だったのでクリニックの先生に相談してみました。
腫瘍ってことは希であるってことでした。
確かに腫瘍って感じでは無いんですよね。
腫れてくるのは、腫瘍か膿瘍か浮腫のどれかで
一部から体全体に広がっていくようであれば浮腫とのこと。
なので、今後ごまちゃんが体も腫れていくようであれば
浮腫ってことになります。

参考までに、浮腫の原因としては、
心臓や腎臓などの疾患があげられ、
その原因は、感染、栄養性疾患などだそうです。

今日のごまちゃんの腫れ具合ですが
昨日と変化ないと思います。
体や足なども浮腫んではいないと思います。

もし、今後さらに腫れて食欲が戻らないようであれば
治療してあげたほうが良いとの事なので
その際は、また先生に治療をお願いする予定です。

頼むぜごまちゃん、人の心配かえりみず
ある日突然ケロリと元気になってくれ!(切実)

こぶ?腫瘍?浮腫み?

やっぱりごまちゃんが変です。
今日も餌を食べようともしません>_<

で、数日前からごまちゃんを見ていると
どこかに違和感があったのですが
今日それがハッキリしました。
頭の部分がこぶのようにボッコリ腫れています。
きっと少しずつ大きくなってきていて
ここに来てやっと気付くようになるほどに肥大したのかも。

元気なごまちゃん♪
ごまちゃん♪
ごまちゃん♪

なんかね、最近顔が違う感じがするって思っていたんですよ。
毎日よく見ているから、少しの変化にも違和感を覚えるんでしょうね。
横からみると、驚くくらい顔?頭?のラインが違うんです。
もっと綺麗なラインを描いているはずの横顔が
四角っぽくなっているし(┰_┰)

同じような症状が出たことあるよ!
って方が居ましたら、色々と教えて下さいませm(__)m
治ったのか、治ったとしたらどうゆう治療法をしたのか、などなど。

先月からトラブル続きで困ったものです。
ルパくん以外は、みんな元気で丈夫な子だと思っていたのに~>_<

去年、一度のりたまがあまり食べなくなり
ジッとしている事が多くなったことがあったのですが
その時は、腫れなどの体の異変は無かったんですよね。
でもって、今はのりたまは元気モリモリだし。
ごまちゃんも、元気を取り戻しておくれよぉ~>_<

水質はチェックしたのですが
どれも正常値で安全域クリアでした。
pHは約7.0です。

一体何が原因なんだぁ~~~~~~
それが分らないことには、予防も対処もできないじゃないかぁ>_<

ごまちゃん消化不良

今朝、仕事へ行く前にウパ達の水槽を覗くと
ごまちゃんが後ろ足を高々と上げて
気張っていました。肛門付近もすごい膨らみで
かなり大きいウンチをするな…と予想して待っていました。

が、待てど暮らせど一向に出る様子もなく
私も出勤時間になってしまってたので仕事へ向かいました。

仕事から戻って水槽を覗くと、
案の定、ごましお陣地に大量の糞の山がっ!!!
やっぱ大漁じゃ~ん!と糞を取り除いてあげようと
よく見てみたんだけど…

あたしゃビックリしたよ。
なんと、未消化のキャットを6粒も排泄しているし(-o-;
少しのウンチも混ざっているので、吐いたのではなく
絶対に排泄されたキャットたちです(泣)

一昨日は、ちょっと下痢気味だったんですよ。
でも、猛暑に備えて体力をつけさせようと
毎日せっせとキャットを与えていたのですが
どうやら食べ過ぎていたようです>_<

そして今日は、下痢を通り越して消化不良の便。

指で摘んでキャットを取り除いているときも
ごまちゃんは、私の腕に何度も噛みつき
餌をくれ!!と大騒ぎ。

でもね、あんな未消化のキャット6粒を
見せられた日にゃ~あげるの怖いってばさ(-o-;
だから、今日の餌は我慢しておくれ。
念のため、3日間くらい餌をお休みして
様子を見てみようと思っています。

やっぱり家の子達は、3日おきに餌をあげるのが
一番ベストなのかしらん…?
まぁ、ごまちゃん以外は何ともないから
ごまちゃんだけが食べ過ぎちゃったのかな。

はっ!
体は一番小さいのに、餌の量はみんなと同じだったから
お腹壊すのも同然だったのかも!?失敗。
今後は、ごまちゃんの餌の量を見直します。

ってことで、今日はごまちゃんの話題だったので
ごまちゃんの画像をアップしておきます(笑)
ごましお♪

ルパくんの治療費

動物病院の治療費は馬鹿高い…
そうゆうイメージがあったので、
(実際にぼったくりのような金額を請求する病院もあるらしいが)
今回のルパくんの遠隔診療も3~5万くらいは覚悟していたのですが
ビックリするくらい良心的な治療代でしたo(;△;)o
ウパをお医者様に診せたいけど、治療代が気になる…
そうゆう方も少なくないと思います。
家のルパくんの場合は、遠隔診療という形で、薬を送って頂き
先生と連絡を取り合って指示を受けながら診療を進めていきました。
手術や入院は無かったので、初診料と薬代だけでした。
詳しい内訳は『おこづかい帳』へアップしたので
参考にしてくださいませ。

それから…
先生から正式にリンク承諾のお返事を頂けたので
リンク集に『K's Pet Clinic』を追加させて頂きました。
ウーパールーパーを診療できる病院なんて
とても貴重だし、希望の光ですよね。
これで、病気や怪我で苦しんでいるウパ達が
少しでも助かることを祈ります☆
私も何とかして、ウパ達を健康診断に連れていきたいんだよなぁ。

永遠の眠り

20時50分頃、
ルパくんは、その小さな心臓を止めて
安らかな眠りに就きました。
浮腫みなどもなく、生きているときのままの綺麗な姿でした。

分ってはいたんです。
今朝のルパくんを見ていると。
私が仕事から戻るまでもたないだろうって。
だから、お別れを言って家をでました。

でも、ルパくんは私が帰るのを待っていてくれました。
最後は、触っても動かなくなったのに
名前を何度も何度も読んだら顔を上げてくれました。
言葉を話せないルパくんのお別れの言葉だったのかもしれません。

1つの悔いもないと言ったら嘘になるけど
できる限りの手は尽くしました。
だから、私は自分自身を納得させられます。

ルパくんの病状を見守り、応援して、
回復を祈ってくれた沢山の皆様、本当にありがとうございました。
きっとルパくんも心強かったことと思います。
そして、私も心強くもあり、励まされ頑張る事ができました。
みなさんの一言一言が本当に有り難かったです。

これだけ大勢の方に見守られ、
大勢の方に愛されたウパはいないんじゃないかな。
きっとルパくんは世界一幸せ者のウパだったと思います。
たくさんの愛に包まれて天に召されたのです。

家にチビ助ルパくんがやってきてから約1年11ヶ月。
約2年。2年…あまりにも短すぎないかい?ルパくん。
もっともっとたくさんの時間をルパくんと過ごしたかったよ。

でも、こうも思います。
決して時間の長さの問題じゃない。
ルパくんとの生活は密度が高く深かったもの。
私もありったけの愛情をそそいだし、
ルパくんも私に色々なことを教えてくれた。
私は、それを忘れずに一生歩んでいきます。

今回のような悲しいお別れを
何時かは少なくてもあと3回は経験しなければなりません。
愛するものが居なくなるのはとても悲しい。
それでも、私は私の体が元気なかぎり
ウパとの生活を生涯続けていくと思います。
だって、私に安らぎをくれるウパが大好きだから。

でも不思議。
こんなに辛くて悲しいのに何故か涙が出ない。

昨日の今頃は、ルパくんは何をしてたっけ?
一昨日の今頃は、ルパくんは何をしてたっけ?
そんな事ばかり思い出そうとしています。

大量の出血をしてから一週間。
本当によく頑張ってれたね、ルパくん。
1日1日が長くて辛かったけど、
ルパくんはもっと辛かったんでしょうね?
もうゆっくり眠っていいからね☆

ルパくん、本当にありがとう。

私もちょっと休息します。
明日また生きるために…

薬の投与開始

今朝、8時20分頃に薬が到着。
直ぐに先生へ連絡をして処方の説明を受けました。
処方された薬
白い粉末の薬がステロイド剤で、液体の薬2種類が貧血の薬。
青い袋は、お湯で溶いて与える粉末の経腸栄養食です。
流動食みたいなものかなぁ?
あとは、栄養食を与えるためのシリンジ(注射器)と
胃ゾンデ(胃まで通す針のようなもの)です。

ステロイド剤と聞くと強い薬、副作用のある薬と言う
イメージしかないので、先生に少し聞いたところ
大量出血していることによるショック症状の緩和と、
代謝促進のためとのことでした。

ステロイドと貧血のお薬2種類を規定量溶かした水に
一時間の薬浴を1日1度行います。
今日は、仕事に行くまえに第一日目の薬浴をしました。

ルパくんは大人しく薬浴していました。
嫌がるだけの体力が残ってないのかもですが。
一度の薬浴だけでは、さすがにルパくんの症状も
緩和されることもなく、著しくありません。
自分でガスを吐き、底に沈むようになり
症状が落ち着くまで続ける予定です。

ウーパールーパーへの輸血は無理だけど
それと同じような処置はできるらしいです。
方法は、両生類用のリンゲル液(点滴の液)を飼育水として使う。
ウパは皮膚からも吸収できるので、輸血ではないが同じ事になるらしいです。
そのリンゲル液がちょっと高めなのですが
とりあえず、500cc送って頂くことにしました。
ルパくんの体だけが入る程度の容器なら
500ccあれば体が水に浸かるくらいにはなります。
その500ccのリンゲル液を捨てないで取っておき
1日に何度かそこにルパくんを入れていきます。
このリンゲル液を水槽いっぱいに入れて、その中にルパくんを
入れられれば一番いいのですが…そうなると高くて。
と、落胆している私に先生が自宅でも作れると
両生類用のリンゲル液の作り方を教えてくれたので
ココに記述しておきます。
今のルパくんと同じ症状で苦しんでいるウパがいて
その飼育者様が見たら参考になるので。

【両生類用のリンゲル液の作り方】
一リットルの精製水に対して…
・塩化ナトリウム 6.6g
・塩化カリウム 0.15g
・塩化カルシウム 0.15g
・重炭酸ナトリウム 0.2g

これらの薬品は劇薬ではないので
個人でも比較的簡単に買えるのですが
普通の薬局には売ってないと思うし
これらを売ってそうな薬局も近くにないし>_<

それから、シリンジを使って栄養食を食べさせようとしたけど
口を開けてくれません。
そこで先生にアドバイスを受けたのですが
全然知らなかったウパの体の構造を知ることになりました。

ウーパールーパーは喉にフタがあり
シリンジで単に口に食べ物を入れただけでは、
そのフタが閉じていて喉の奥まで入らないそうです。
なので、シリンジの先に胃ゾンデをつけて
それを胃まで挿入して注入しないとダメらしい。
そんなの怖くてできません!!!!と言ってしまいました。
今、ルパくんが食べるに越したことはないけど
強制的に食べさせる必要も無いとのことで、
食事の事は、他の症状が改善してから考えましょう
と言うことになりました。

それでも、食べさせなければならない時のために
口の開き方のコツを聞いておきました。

テレホンカードなど、薄いものを口に差し込み
それを斜めに傾けて、少し口が開いたところに
胃ゾンデを挿入して食べ物や薬を注入する。
あとは、アイスキャンディの木の棒の先を包丁のような形に
カッターで削り、それを差し込んで口を開けさせてもよい。
ただ、口は柔い部分なので傷付けないように注意との事。

う~ん、私に出来るのだろうか…。

まず、今直ぐに実行しなければならないことではないので
先生の言うとおり、他の症状改善を優先して看病していきます。

明日も仕事へ行く前に薬浴をする予定です。

現在のルパくんは、既に水深を低くして足を着かせても
横に倒れたままになってします。
水が有ろうと無かろうと倒れてしまうんです。
本来なら自分でガスを吐くことができるのですが
今のルパくんにはそれが出来ません。
ガス抜きの薬は、胃ゾンデを使って飲ませないとダメらしく
私には投与できないんです。力不足でごめんね…ルパくん。

ルパくん頑張ってます

今日もまた、たくさんの励ましのお言葉を
掲示板や日記コメントでかけてくださり感謝いたします!
今は1人1人の方にきちんとお返事できなくてごめんなさい。
でも、何度も何度も読み返しては励みにしています。
みんなが見守ってくれていると思うと元気がでます。
ありがとう^^


今日もルパくんは頑張ってくれました。
でも、症状は悪化しているように思います。
昨日から今日の経過は下記の通りです。


5月16日

午後14時50分 今は休んでいる状態なのか
ほとんど動かずに浮いている
あまりにも動かないと、まさか?と不安がよぎる
呼吸のためエラが動いているのが確認できるとホッとする
1日に何度か、こうやって大人しくなる時間があるようだ

午後16時 投げ込み式フィルターの上に沈んでいる
昨日の夕方以降初めて見る沈んだ姿。
水槽を覗くと顔をあげて反応を見せた
少しは良くなってきていると思いたい

午後17時20分 今もちゃんと沈んだ状態
空気を吸いに水面へ行き、そのまま底に戻るが
浮いてきてしまう。それでも、口から空気を吐くと
また沈むようになった
今までのようにがむしゃらに水面へ行くことはなく
スムースに口を出して空気を吸うようになった
沈んで落ち着いているうちにキャットを与えてみる
近づけると顔をあげて食べる素振りを見せるが
少し口を開けるだけで食べてくれない
今日でエサを食べなくなって5日。
その程度食べないことは今までにもある。

午後19時半 活性炭が効いているのか
白濁と泡立ちが少し落ち着いたような気がする
白濁に関しては、立ち上げたばかりの水槽に
よく見られるごく当たり前の現象かも
飼育水を使った換水をはじめたので白濁は落ち着いた可能性がある
ルパくんは、浮いたままの状態と泳ぎ回ることを繰り返している

今回、たぶん致死量に近いほどの
大量の出血をしていると思う
ウーパールーパーを診察できるお医者様がいないくらいだから
ウパの血液をストックして輸血してくれる病院があるはずもなく
そして、血になりそうなレバーも食べてくれない。どうしたらいい?
両生類は皮膚からも薬を吸収するのだから
何か水中に入れる栄養剤みたいなものはないのか
強いていうなら…麦飯液とか?
人間用の鉄分のタブレットを水中に沈めておくのはどうだろう
あくまでも人間用なのでルパくんに使うのは心配だし、効果は不明

午後20時 ウーパールーパーを診察してくれそうな
クリニックがあるという情報を頂き、すぐさま電話で確認

結果、すんなりOKとのこと。嘘のようだ…感激した
電話で問診。今までの経過と状態を話した。
大量の血液が失われていることによる貧血とのこと。
血液が大量に失われると、貧血のみならず色々と傷害が出るらしい
浮いている原因はやはりガス…。

一番良いのは入院して点滴を投与するのが一番良いとのこと
埼玉から東京までの距離を今のルパくんに移動させるのは困難なため
遠隔診療を開始することにした。
ちなみに、点滴は血管から通すのではなくお腹から入れるらしい。

エサを食べないのであれば、
貧血状態なので、レバーをペースト状にすり潰して
それを強制的に食べさせるしかないとのことだったが
それで暴れて、弱くなっている傷口が開き
また出血するのを避けるために断念。
参考までに、強制給餌をする場合は、
ゴム手袋をしてウパを持つようにとのことだった
タオルなどを巻いて強制給餌させると
暴れたときなどに、皮膚が直ぐにダメになるとのこと
点滴も受けられず、栄養が補給できない場合は
強制給餌も立派な治療なのだ…私にそれが出来るのか!?
ルパくんが吸血系の生物ならいくらでも私の血をあげるのに…

ルパくんのエラが短いため、普通のウパよりエラ呼吸が弱いので
水流に注意しつつエアレーションを増やすように指示があり
気泡が細かい方が水流も弱く、酸素も溶解しやすいしやすいので
ウパルパ水槽に入っているバブルメイトを使用することにする
エアポンプもエアストーンも有り余っているのだが
長いホースがないので、ウパルパ水槽のバブルメイトをそのまま移動。
水の変色時に、原因を突き止めるため人工プランツを
撤去したままになっており、投げ込み式フィルターも
ルパくんの水槽に移したため、ウパルパ水槽はウパくんが
ポツンと居るだけで寂しい
数日間エアレーションが無くてもウパくんなら大丈夫だよね?
一応、ウパルパ水槽の水深を少しさげて
外部フィルターのシャワーパイプを水面上に出したので
そこから多少の空気は取り込めるはず

間に合うか分からないが、少しでも可能性があるならお願いしたいので
貧血の薬とガス抜きの薬と投薬器具を送ってもらうことになった
水曜日の午前中に宅急便で届く予定\n薬が到着したら投薬前に先生へ連絡を入れることになっている

どうかそれまでルパくん頑張って!
そして、治療して元気になって!
私の寿命を削ってもいいから、ルパくんに生命力を与えてください、神様


5月17日

午前1時 体の傾きが気になる
もうきちんとバランスを取って浮かぶ姿もあまりみなくなる

午前3時半 狂ったように泳ぎ回り、硝子に激突している
こうゆう光景は初めてではなく、元気な頃にも見たことがあるが
突発的に暴れるのは、なにか痛みがあるときにも見られる行動なので
痛みがあるかもしれないと先生が言っていた

午前4時 がむしゃらに何度も空気を吸いに水面へいく
傷口が開かないか心配 そんなにも苦しいの?

午前5時 水槽を覗いて息が止まるかと思った
体の傾きが半端じゃない、
右側の脇腹を上にして、ほぼ真横に倒れている
私の嫌な動悸が止まらない 大丈夫なのか?

午前5時半 真横に傾いているものの
ちょくちょく動き、なんとかバランスを取るようにしている
でも、ダメ…
エアレーションのホースなどにつかまりバランスを取っている状態
皮膚の一部が空気に触れて乾燥しないようにしないとだ

午前9時 仕事へ出勤
少しでも早く帰りたいので、無理を言って一時間の早退

午後16時15分 帰宅 水槽を見るのが怖くて吐きそうだった
ルパくんは動いていた 良かった…少しホッとする
今日も頑張ってくれた ありがとう
しかし、どこかにつかまっていないとバランスを崩し横に倒れる

日に日に悪化するところが増えてくる
明日なんだよ、明日
明日なれば薬が来るよ
投薬にも耐えて頑張って、お願い、生きてください

小康状態続く

皆様、暖かい励ましのお言葉ありがとうございます。
そうですね、ルパくんを心配しているのは私だけじゃない。
みんなも祈ってくれているのですね。
みんなのルパくんか…嬉しいな。
ほんとにほんとにありがとうございます^^
みんなの願いと私の願いが通じるかもしれないので
希望を捨てずに頑張ります!

さて、今回のルパくんの怪我ですが
ルパくんのエラは初めから短めでした。
何とかならないかと、水質チェックを行い
いろいろ試してきましたが
どんどん短くなり、フサフサがあまりない状態になっていました。
同じ環境にいるウパくんのエラは立派なので
おそらく、もともとエラの短い固体だったのかもしれません。

我が家にやってきてから半年後くらいから
何故か血管のようなリング状のものが
両方のエラから数本出るようになりました。
最初はもっと細い血管のようなものでしたが
どんどん太くなり、血液の流れも見えるんじゃないか?
ってくらい太くなっていました。
ルパくんおエラ
○で囲んだ部分のリング状の太い血管みたいなのが分りますか?
今回は、それの一本を切ってしまったのです。
そこから濃い血液が大量出血しました。
泳いでいるときなどに、このリングに指が何度も掛かって
いつか切らなければいいなと思っていたのです。

現在、ルパくんは小康状態が続いています。
でも、生きたいと頑張っています。
何日もこんな状態を見ていると、早くラクになって欲しいと
そう願うようになってしまうのですが
それでも希望は捨てたくないんです。
私のエゴかもしれません。それでも。

この数日間、何かしてないとどうにかなりそうだったので
走り書きにルパくんの状態を記していました。
それをアップしますので、何かお気づきのことや
治療のアドバイスなどありましたら宜しくお願いします。
私の力と知識では、これ以上何をしたらいいのか分りません。
どうぞ宜しくお願いしますm(__)m m(__)m m(__)m
私の精神状態も不安定な時の文章ですがご了承下さいませ。


5月12日

夕方、水の変色に気付く
白い泡立ちがすごい、泡の中に茶色の細かいゴミのようなものあり
2分の1換水
ウンチなのか、嘔吐物か、それとも血なのか…
3時間後、またしても水の変色
ルパくんのエラから大量の出血しているのを確認
やはり水は血の色だったと予想
2分の1換水

5月13日

朝7時、水の変色・泡立ち
2分の1換水
仕事から帰宅 水槽を見るのが怖かった
でも、水の変色なしで安心したけど
ルパくんの体から血色がなくなるが
頻繁に泳ぎまわり、エラの血管のみピンクになる
しきりに空気を吸いに水面へ
夜、少し水が変色・泡立ち 2分の1換水
ルパくん別水槽に隔離 投げ込み式フィルターのみ設置
水槽を移動する際に暴れて、またしてもエラから大量の出血
アクアグレースさんより、白くなり泳ぎ回るのは
かなり危険な状態、今夜が山とのこと…。
ルパくん隔離後、ウパくんがルパくんを探し回るかのように
一晩中朝まで水槽内を動き回る
仲間意識があるかは不明だが、ルパくんの気配が消えた事は分かるのか

5月14日

朝5時、ルパくんは生きていてくれた。
水が多少変色 2分の1換水
ルパくん体色戻らず、エラの血管のみピンク

13時 仕事から帰宅 水槽を見るのが怖かった
少し泡立ち 2分の1換水
ルパくん浮いたままの状態
頻繁に空気を吸いに水面へ行く

午後14時半 浮いたままの状態続く
ルパくんを隔離したあとのウパルパ水槽は正常、ウパくんも元気

午後14時50分 底に沈むけど
直ぐに空気を吸いに水面へいき、そのまま浮いた状態に戻る
力無く泳ぎ回る

15時35分 今は底に沈んでいる
かなりの量の出血をしているので、
少しでも食べてくれればとレバーを買ってきて与えたけど
力無く口には入れてくれたけど、直ぐに出してしまう
奇跡を信じて、冷凍ピンクマウスを注文。

ウパルパ水槽、一匹で泳ぎ回るウパくんをみていると辛い。
お前もルパくんが戻ってくるのを待っていてくれているのかな?
また一緒に仲良く暮らせればいいな。お願い奇跡がおきて。

午後17時 もう一度レバーを与えてみるけどダメ
泡立ちが目立ち始めたので2分の1換水
ルパくんは、沈むこともあるけど、浮いている時間の方が長くなる

午後18時40分 もう沈むことがなくなる
浮いたまま空気を吸いに口を水面に出すけど
口はもう水から出ているのに、もっと上に行こうともがいている
そんなルパを見ているのが辛い もう空気は吸える位置なのに
どうしてそんなに上へ出ようともがいているの?

午後19時半 もうエラが機能していないのか、
常に空気を吸いに上へ行こうともがいている
藁をもすがる思いで、方々の獣医に電話して聞いたけど
やはりウーパールーパーを診れるお医者様はいない。
分かってはいたけど何で?

何をしても助からないのなら、お願いだからもうこれ以上苦しまないで。

20時40分 あまり動かなくなった。
時々空気を吸いに水面にでる
泳ぎには力がない。

21時15分 少し動くけど、もう空気を吸いにいく力もなく
細く呼吸をしている お別れの時間が近づいているのか?


5月15日

午前0時40分 ルパくんは生きるために頑張っている
空気を吸いに水面へ出ようとするときに暴れる\n大人しくなったり暴れたりを繰り返し

ダメだと分かっていても自分に何かできることはないか
せめて水位を低くして沈めてあげた方が良いのか
アクアグレースさんに相談

無駄な体力を使わないし、何回も空気を吸えるので
水深を浅くするのは良いと思う。
塩は少し入れておいてあげて。
人間もそうだがその他の生き物も血液中に塩を持っている。
調子が落ちたとき塩が水中にあれば楽になる。

とのこと。
癌の末期患者の痛みを和らげるために
大量のモルヒネを使うのと同じような感覚なのか?
塩浴は負担になるとは思うけど、
それよりも今の状態を和らげる方を優先しようと
水位を低くして塩を投入
だが、水位に関係なく、上へ泳ごうと激しく暴れる\n水位をもう少しあげたほうが暴れ方が少ない気がするので
もう少し足し水をしておく

足し水をしたあと直ぐに底に沈む
時々水面に空気を吸いにいくけど、その後ちゃんと沈むようになる

午前3時 ちゃんと沈んでおり、時々水面へ行き底に戻る

午前5時 水の濁りと泡立ちがひどくなり水面に浮いてジッとしている
直ぐに2分の1換水 まもなく底に沈むようになる

午前8時 底に沈んでいたが、空気を吸いに出て浮いたままになる
水の濁りと泡立ちがひどいので3分の1換水
体は相変わらず血色がなく、エラの血管も白い

午前8時半 冷凍ピンクマウスが届く
ルパくんは沈んでいたので、与えてみたが食べず

午前10時 またしても狂ったように泳ぎ回りはじめる
泳ぎ回ったせいか、エラの血管に血色が少し戻る

午前11時 ジッとして浮いていることと、
狂ったように泳ぎ回ることを繰り返している

午後12時 今は泳ぎ回ることもなく
ジッとして浮いている。呼吸が弱い感じがする。
それでも、時々力無く空気を吸いに水面へ

午後13時 浮いてジッとしている時間が長い
それでも時々動き、空気を吸いに行く

午後13時半 水面に空気を吸いにいかなくなり
エラ呼吸の回数も減り、殆ど動かない

午後15時 底に沈むようになったが
何度か空気を吸いに水面へいくうちに
また浮きっぱなしになる

午後16時半 底に沈んでいるので
ピンクマウスを与えてみたけど食べず。
食べたとしても、消化の悪いピンクマウスは今のルパくんには不適切
今後はキャットかレバーを与えていこう
お願い、何か少しでもいいから食べて。

午後21時 今は泳ぎ回っている状態。
血色は全然戻らず、今も青白いまま。
2分の1換水。ウパルパ水槽の飼育水で換水開始。
はじめから飼育水で換水していれば良かったと後悔。
ルパくんにとって慣れ親しんだ水の方がいいに決まっている。
そんな事も気付かなかったほど冷静さを無くしていた自分に反省。
今後は、丸美屋水槽かウパルパ水槽の飼育水で換水していこう。

午後21時半 並行バランスが保てなくなり
体が傾いて、ほぼ横向きの状態で浮いている

午後23時半 バランスを保って浮かんでいる
好んで斜めに浮いていたのかも?


5月16日

午前11時 ルパくん小康状態続く
アンモニアが少し危険値だったので活性炭投入
丸美屋水槽の飼育水を使い2分の1換水
昨日の夕方から沈むことがなくなった

午後13時50分 後ろ足を硝子にかけて
やや斜めになって浮いている
水槽の中央で浮いているときはバランスよく浮いているけど
硝子の付近に浮いているときは、足を硝子にかけて
浮いているので、やはりこの姿勢がラクなのか?

明日からまた仕事が始まるので、それを想定して
12時間換水をしないで様子をみた。
ルパくんが悪化している様子はないので
明日以降は仕事へ行く前に換水して
帰宅後、水質具合によって換水しよう
ただ、少量の塩を投入しているので
ろ過バクテリアが殆ど機能せずアンモニア値が上がり気味。
アンモニアを亜硝酸に変えるバクテリアがいないので
当然のことながら亜硝酸値は正常。
気休め程度にしかならないけど、活性炭を投入。
活性炭によるルパくんへの影響が少し気になるが
様子をみて大丈夫のようなら、そのまま活性炭を投入予定

ルパくん危篤です

木曜日の夜、ルパくんがエラの血管から
大量の血を流しました。
出血は止らず、少しずつ水の色を変えていきました。
この子は、怪我しても治りが悪くて再生能力が低かったんです。
だから、血管を傷付けるような怪我だけはして欲しくないと願い
危険な部分には全てマットを巻き保護していたのですが
自分で引っ掻いてしまったようです。

ここ3日間、家にいるときはできる限りの処置をして
つきっきりで見守っています。
今日と明日は仕事がお休み。
それが唯一の救いかな…看取れるから。

どんどん血色がなくなるルパくんの症状などを
細かくアクアグレースさんに伝え相談しました。
結果、今夜が山でしょう…との事。
とても辛い宣告でした。この宣告を受けたのは一昨日の夜。
ほんと辛かったです。辛いけど覚悟はできた。

でもね、ルパくんは今も生きていてくれています。
生きたいと苦しみながら頑張っています。
1ミクロンもない可能性かもしれないけど、
奇跡がおきることを最後まで願っています。

白黒ハッキリして、気持が落ち着いたら
経過を記していきたいと思います。


今、辛いです。
けど、掲示板でみんながウパやお魚のことで
ワイワイと楽しんでくれているのを見ていると
本当にサイトをやっていて良かったと思います。
わたし、掲示板を読んでいてとっても救われます!
小さな生き物に対する愛情がいっぱいだから。
みんなありがとう!!

ウパくんのその後

現在のウパくんの怪我後の再生状況はこんな感じです♪

再生状況♪

ウパくんは、お尻を向けたままこっちを向いてくれなかったので
あまり良く写っていないのですが、かなりヒレが再生しています。
ただ、まだ薄い感じがして、イビツになっています。
これが長い時間をかければもっと綺麗になるのかなぁ?
今のところ順調に再生してきているので安心です。

そそ、今週の月曜日にウパ達に餌をあげたんです。
でぇ、火曜日の夜、ルパくんの近くにウンチが落ちていたので
直ぐにスポイトで吸い上げてみたら、なんか変…。
よく見ると、キャットなんですよぉ~しかも丸く原形を留めたやつ。
食べてから1日以上も経過しているのに、全然消化されないキャットを
吐き出すことってあるのでしょうか?(^o^;)
そんなにウパの消化って遅いのでしょうか?

それとも、餌をあげているときに、食べたと思った餌が
土管の下などに隠れて残っていたのかなぁ?
その方が納得するのですが、餌をあげたあとは換水してるし
底にキャットが残っていれば気付くはずんなんですよねぇ。
ってことは、やはりルパくんが吐き出したものなのか!?
それにしては、全然消化されてない原形キャットだし…。
なんか不思議ですよねぇ(;^_^A アセアセ…

ルパくんには特に変わったこともなく元気そうなので
特に心配していませんが、ちょっとミステリアスだったのでお話しました(笑)

ウパくんのその後

今日のウパくんの怪我の回復状態はこんな感じです。

怪我の回復状況

抉れて凹状態になっていた部分のヒレ…
よ~く見ると薄皮みたいな感じのヒレが再生してきています♪
昨日は再生している部分がなかったのに、
今日見たらしっかり再生が始まっています!
すごい早さで生えてきているって感じですねぇ。すごいっ!
このまま順調に再生し続ければ、一ヶ月もしないうちに
完全に再生し終わるのでは?って勢いですよね(笑)

それから、今日はウパくんとルパくんの餌はお休みで、
ごましおはキャット4粒、のりたまはキャット6粒あげました。
その後、両方の水槽の換水を行いました。
今日は気温もかなり高かったので、昨日から冷却ファンはフル稼働です。
冷却ファンを使っていても水温は24度でした。
明日はもっと暑くなるらしいので、冷却ファン+エアコンのダブルで
凌がないとちょっと駄目かなぁ…って感じですね。

ちなみに、お魚水槽は冷却ファンも付けてないし
ライトも点けたままなので、水温が31度になっていました(^_^;)
まぁ、熱帯魚だから平気だとは思いますが、やはりファンを買ってあげようかな。
猛暑の中だと35度くらい行きそうだし…。さすがにそれじゃ…ねぇ?(^o^;)

ウパくんのその後

怪我をしてから約10日が経ちました。
現在のウパくんの怪我の様子はこんな感じです。

ウパくんの怪我

内出血もすっかり消えてきました♪
傷口も綺麗になり、あとは再生されるのを待つばかりです!
何のトラブルもなくここまで来て良かった、良かった。
毎日せっせと換水した甲斐があったと言うものです(笑)
まだ油断しないように毎日怪我の具合はチェックしていきます。

怪我も完治に向かっているので、今日から換水は1日置きにします。
昨日換水したので今日は換水はしません。

あと、餌も今日はお休みです。
ごましおとのりたまには昨日キャットを与え、
ウパくんとルパくんは、昨日と今日餌はお休みです。

同居をはじめてから、ウパくんとルパくんの餌は
2日おきに与えてましたが、これからはまた3日おきにしようと思います。
その方が、ルパくんの食いつきも良いしね(^o^;)
今までずっと3日おきに与えていたので、2日おきにすると
ルパくん的にはちょっと多いのかもしれません。
ウパくんは毎日でもガツガツ食べそうですが…(^_^;)

食べるだけあって、ウパくんは極端に大きうなってくるもんなぁ。
まぁ、肥満ってこともないので良しとします。(笑)

ウパくんの怪我の経過

怪我から一週間経ったウパくんの背びれの状態です。
ウパくんの怪我の状態
内出血はかなり消えてきました。
完全に消えるまで一週間はかからないと思います。
心なしかヒレも再生しつつあるようです。
もしかして、案外元通り綺麗な状態に戻るかもしれません^^

今日もせっせと傷口が悪化しないように換水を行いました。
ほぼ毎日換水して水を綺麗に保ってます。
怪我をしたウパくんに対して、私ができるとこはそれくらいなのでo(;△;)o

換水の前に餌をあげました。今日のメニューは…
ウパくん&ルパくんが、ピンクマウス1匹+キャット6粒。
のりたまがキャット6粒。ごましおがキャット4粒です。
今日は2日お休みしての餌だったので、ルパくんの食いつきも良かったです!
ピンクマウスを口元に持っていった時は、私の指まで食べようとしたくらいです(笑)
その後あげたキャットもパクパクと良く食べてくれました。
前よりは食欲が戻ってきているので一安心です^^
っていうか、前は1日おきに餌をあげていたので
あまりお腹が空いてなかったのかも?ルパくんはみんなより小食気味だし(^o^;)

あと、丸美屋水槽の換水は昨日したので今日はお休みしようと思ったのですが
のりたまがゴッテリとウンチをしていたので、換水しておきました(^_^;)
夏場は特に水温が高めなので、水質も悪化しやすいから
ウンチをした時や、餌をあげた後は必ず換水しています。
これも心配性故のことなのかも?(;^_^A アセアセ…

ウパくん、怪我のその後

今日もウパくんとルパくんは元気に仲良く過ごしていたようです(笑)
だって、土管やフィルターなどの位置も変わってないので
暴れた様子もないので、仲良しだという証拠でしょう(^o^;)

ウパくんの怪我の経過ですが…
内出血していた部分も、範囲が狭くなり、色も真っ赤だったのが
かなり薄くなってきたように思います。
あと少ししたら内出血は綺麗に消えると思います。

切れてなくなってしまったヒレの部分は、
さすがにまだ再生はしてきません。
少しずつ再生は始まっているのかもですが、パッと見た感じでは
大きな変化はないと思います(^_^;)

今日は水温も低めだし、傷口も綺麗になってきているので
1日だけ換水をお休みします。餌もお休みなので水も汚れることないし。
まぁ、1日くらい換水しなくても、いきなりカビが生えると言うこともないでしょう。

ってことで、今日は仕事で疲れてしまったので
ちょっと手抜きな日記なのでした(;^_^A アセアセ…

怪我から4日目

今日のウパくんの怪我の様子です。

ウパくんの怪我の様子

昨日と比べて、さほど変化はないように思われます。
気持内出血が良くなってきたかなって感じですね。
カビは生えてないし、順調に回復に向かっていると思います。
しばらくは、あまり変化は見られないと思うので
とりあえず、変化が出てきたら画像をアップして経過を報告したいと思います。

今日もウパルパ水槽の換水をしました。
水温は、冷却ファンを回して22度ってところです。
高温になるとカビが発生しそうなので低めに抑えてます。

あと、今日はウパくんもルパくんも、のりたまもごましおも
餌はお休みにしました。昨日たくさん食べたので大丈夫でしょう(^o^;)

ウパとは関係ない余談ですが…
昨日は、金星の太陽面通過という珍しい現象が見れましたね。
次回は8年後とのこと。今度はテレビ映像じゃなくて
自分の目で見てみたいなぁ…なんて思ってます。
でも、金星って小さいから肉眼じゃ無理かなぁ?(^_^;)

ウパくんの怪我の経過

怪我をしてから3日が経過したウパくんの現在の患部の経過です。

怪我の経過

今回の画像は、いつもとは逆側から撮ったものです。
なので、ピラピラは写ってませんが、反対側にはまだ少し残っています。
内出血の状態は徐々に治ってきています。
あと数日もしたら、もっと綺麗に治ってくると思います。
傷口も日に日に綺麗になっている気がします。
再生に向けて少しずつですが進んでいるように感じます!

こんな怪我をしたにも拘わらず、ウパくんは今日もすごい食欲でした(笑)
ルパくんもピンクマウス一匹とキャットを3粒食べました♪
のりたまは、キャット6粒。ごましおはキャット4粒を食べました。
ルパくんは前の食いつきの良さが戻っていませんが、
全然食べないと言うこともないので、最近はあまり心配していません(^o^;)

久し振りに今日のごましお&のりたまの画像をお見せします!
まずはのりたまです♪

のりたま♪

毎度の事ながら、変な格好をしているのりたまです(笑)
ちょっと逆立ち気味になっていますが、特に問題があってこうなっている訳では
決してなく、好き好んでこんな格好をしているのです。
こんな格好でラクにくつろげるのかなぁ?って感じですよねぇ(^_^;)
最初の頃は、お腹にガスや空気が溜まってしまって
尻尾の方が浮いてしまうのか?と思いましたが、違ったようです(笑)
あと、やはり小さい頃に比べると金色が薄くなっているような気がします。
体が大きくなるにつれて、皮膚が伸びてきて、体色も薄くなるのでしょうか?
靴下とかのプリントが、靴下を伸ばすと色が薄くなるような感じ?(^o^;)

次にごましおです♪

ごましお♪

どんどん大人びてくるごましおです(笑)
昔は、水槽の底の黒い枠?に隠れてしまうくらいの大きさだったのに
今では、どこに居ても直ぐに見つかるほどに成長しました!
先日、私の妹が久し振りにごましおを見て
「あれ?ごましおの塩がなくなってきたな」って。
要するに、前は白と黒のブチって感じだったけど
白い部分が減ってきて、だんだんと黒一色になってきたと言いたかったのです(^o^;)
そう言われてみれば、確かに白いブチが無くなってきましたねぇ。
小さい頃はもっとマーブルっぽかったんですよぉ。
それと、ごましおは鼻の穴がやたら目立つので(黒の中に白い鼻の穴だから)
どうしてもこのごましおの鼻の穴を見ると、北島のサブちゃんを連想してしまいます(爆)
かなり似ていると思うけど、どうですかぁ?(笑)

怪我の状態

ウパくんが怪我をしてから2日目。
今日の怪我の状態は↓こんな感じです。

怪我の様子

今日は昨日と同じような状態で、悪化もしてなければ
良くもなってないような感じで、小康状態が続いています。
それでも、怪我当日よりはウパくんも大分スイスイと泳ぐようになりました。
今のところ、カビが生えている様子もないので一安心です。

で、今日のウパルパ水槽の様子はと言うと…

ウパ&ルパ♪

ご覧のように、あの怪我騒ぎは何だったんだ!?
ってくらいマッタリと2匹で過ごしております(^o^;)
2匹で泳ぎ回ったり、くっついていたり、入り乱れたりと。
だいたいは、こんな感じで過ごしているのですが、
時々不意打ちを食らったかのように大暴れするときがあるのですぅ。
まったく、こっちはヒヤヒヤしっぱなしって感じですよぉ~
親の心子知らずって感じでしょうか?(笑)

治療…というか、カビの発生を防ぐために
今日も3分の1程度の換水をおこないました。餌はお休みです。

内出血のほうは、昨日とあまり変化はありませんが
私の予想では、今週中にはほとんど消えてしまうと思います。
背びれの再生にはまだ少し時間が掛かるかなぁ…ってところ。
毎日よく観察して、どのくらいの日数で再生完了するかチェックしておきます!

このままトラブルもなく、無事に完治しておくれよぉ^^

事件です

ウパの飼育をはじめて以来の大?事件です。

昨夜、ウパルパ水槽からいつもとは違うけたたましい音が…。
これはただならぬ事が起きたに違いない!と直感し
直ぐに部屋の電気つけて水槽を覗くと、
そこにはちょっと大きめの水垢のようなものが
水槽内をヒラヒラと舞っていました。もしかして、これはどっちかの皮膚の一部かも
と思い、ウパくんとルパくんの体をチェックするのが怖かったのですが
勇気を振り絞って見てみると、ウパくんの背びれがっ!!!

ウパくんの怪我の状態

かなりぐちゃぐちゃに抉られていますo(;△;)o
背びれってのは根元の方が厚みがあるのですが
右側の片面がかなり抉られているのです。かなりショック。

これはどう見ても、ルパくんに囓られたっていうような怪我ではありません。
考えられる原因は、土管の小窓から体半分を出しているときに
何かの拍子にルパくんと接触して驚いて逃げるときに
小窓の部分でギーっと引っかけるようにしてえぐれたか、
はたまたフィルターのシャワーパイプを固定しているリングで
ギーっと引っかけてえぐれたか…そんなところでしょう。
他には怪我をするような場所が見あたらないのです。
実際に現場を見たわけではないので、どうゆう状況で怪我をしたのか
ハッキリとは分りません。

でぇ、傷口をよくみるとかなり酷い状態でした。
画像の丸印で囲んである部分は、抉られた背びれがピラピラしてしまっています。
この部分を綺麗にカットしてあげないと再生するにも
支障が出るのではないか?傷口がグチャグチャでは綺麗に再生できないのでは?
と色々と考えて、このピラピラしてしまっている部分をカットする手術を
しようかとも考えました。手術と言ってもハサミで切るのですが…。
でも、それもちょっと怖いので、とりあえずカビが生えない限りは
そのまま様子を見ようと思いました。
水カビが生え始まってしまったら、生きている正常な細胞まで破壊されますからね。

とりあえずは、水を綺麗に保ちながら様子を見ることにして
早速2分の1の換水をしてあげました。

これでまたルパくんと接触して、更なる怪我でもしたらどうしよう
と、心配で夜も熟睡できないで一夜を過ごしたのです。
(まぁ、4時間くらいはしっかり熟睡していたけど)

携帯の目覚ましがなり、目を覚ましたものの水槽を覗くのがちょっと怖い~>_<
でも、それではいけないので、これまた勇気を振り絞って覗いてみると
怪我の部分にすごい変化がありました。↓こんな感じです。

ウパくんの怪我の状態

昨晩は見られなかった内出血がでています。
これにはちょっとドキリ。まさか悪化しているのか!?と。
でも、もしかしたら再生に向けての準備なのかもしれないと
とりあえず良い方へ考える事にしました(^_^;)

一番の変化としては、昨晩ピラピラしていた部分が
かなり小さく縮んでいるのです~。(画像の丸印の中を参照)
そのうちもっと小さくなって綺麗に取れてしまうのでは?って感じです。
あとは、傷口がかなり綺麗な状態になっているんですよねぇ。
これって驚異的な回復って感じしませんか?

内出血に関しては、以前もぶつかったか何かして何度か背びれが
内出血した事があったのですが、2~3日で綺麗に消えてしまいました。
なので、この内出血も数日すれば消えてくると予想します。

また、前にヒレを少し欠損してしまったときも
2週間くらいですっかり綺麗に元通りに再生したんですよねぇ。
ただ、今回はかなり酷い状態なのですっかり元通りにはならず
傷の名残は残ると思います。

内出血がちょっと気になるところですが、
それを除けば、ほんとすごい早さで傷が塞がっているって感じです。

昨夜は、初めての大怪我だったのでプチパニックで
この夜の終わり(笑)のような感じだったのですが
一夜明けた今、冷静に考えると、これが脇腹に穴が開くとかの怪我じゃなくて
背びれで良かったぁ…と思いました。不幸中の幸いっていうか。
そもそも足が無くなっても再生してくるような生き物なので
ヒレくらいではビクともしないのかも?(^_^;)

今後の治療法としては…
薬を塗ったり、絆創膏を貼ったり、包帯を巻けるわけじゃないので
頻繁に換水して水を綺麗に保ちながら様子を見ていきます。
怪我をした時などはアクアセイフを大量投与すると良いと聞いた事があるので
気休めかもしれませんが、今日からアクアセイフを多めに入れて換水してます(^o^;)
仮にアクアセイフが怪我に効果無くても
とりあえずは多めに入れても害はないので、良しとします(笑)